過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

理容師の過去問「第24927問」を出題

問題

[ 設定等 ]
高分子化合物に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
   1 .
デンプンとセルロースは、合成高分子化合物である。
   2 .
ケラチンは、他のタンパク質に比べてシスチンを多く含む。
   3 .
ポリビニルピロリドンは、皮膜形成剤としてスタイリング剤に配合される。
   4 .
コラーゲンは、皮膚の水分を保持するモイスチャー効果を持つ。
( 第34回 理容師国家試験 理容の物理・化学 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
2
評価しない
(1)は間違いです。
デンプン・セルロースは天然高分子化合物です。
デンプンとセルロースは分解するとブドウ糖になります。
なお、天然高分子化合物とは、自然界に存在する高分子化合物のことです。

(2)は正しいです。
ケラチンの特徴は、他のタンパク質に比べてシスチン含有量が高い点にあります。
髪や爪はケラチンからできています。
髪や爪を燃やすと不快な臭いがするのは、シスチンの分子構造に硫黄が含まれているからです。

(3)は正しいです。
ポリビニルピロリドンは水によく溶解する合成高分子化合物です。
ポリビニルピロリドンには、水に溶解すると粘性を示し、乾くとフィルム状になるという特徴があることから、スティック糊などに用いられています。
また、皮膜形成剤として、スタイリング剤にも用いられます。

(4)は正しいです。
コラーゲンは天然高分子化合物です。
皮膚への保湿作用が高いです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
正解は 1 です。
正しくは以下のとおりです。

デンプンとセルロースは、「天然」高分子化合物である。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この理容師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。