過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

理容師の過去問「第24936問」を出題

問題

[ 設定等 ]
スタンダードヘアに関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
   1 .
毛髪は、短くすると弾力で立ちやすく、長いと重さでねる。
   2 .
カッティングでは、原則として毛流に対してコームを平行に運行する。
   3 .
基礎刈は、原則として頭部の高いほうからカットする。
   4 .
仕上げ刈は、主に短髪部位の面の仕上げに用いる。
( 第34回 理容師国家試験 理容理論 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
0
評価しない
正解は2です。

カッティングでは、原則として毛流に対してコームを斜めに運行して、斜めにカットします。
※コームを平行に進め、直角にカットすると毛が起きにくく、段になりやすいです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解は、 2 です。

×1.毛髪は、短くすると弾力で立ちやすく、長いと重さで、ねます。スタンダードヘアは、毛髪の硬さ・弾力・重み等の条件が重要とされています。質問は誤っている記述を聞いているので、不正解です。

〇2.カッティングは、原則として毛流に対してコームを斜めに運行します。質問は誤っている記述を聞いているので、正解は、 2 です。

×3.基礎刈は、原則として頭部の高いほうからカットします。また、頭皮に対して直上線上に引き出してカットするのが適しています。質問は誤っている記述を聞いているので、不正解です。

×4.仕上げ刈は、主に短髪部位の面の仕上げに用います。また、基礎刈りで完成したヘアスタイルを修正するときにも適しています。質問は誤っている記述を聞いているので、不正解です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この理容師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。