過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

理容師の過去問「第30826問」を出題

問題

[ 設定等 ]
皮膚と皮膚付属器官の生理機能に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
   1 .
皮膚では、日光中の紫外線の照射によってビタミンDがつくられる。
   2 .
頭毛は、頭の皮膚に対する有害な機械的刺激を防いでいる。
   3 .
皮膚の表面には、汗と皮脂が混じり合った弱酸性を示す脂肪膜( 皮脂膜 )がある。
   4 .
皮膚で体温調節を積極的に行っているのはランゲルハンス細胞である。
( 第35回 理容師国家試験 皮膚科学 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
0
評価しない

正解は4です。


1.設問の通り、皮膚では、日光中の紫外線の照射によってビタミンDが作られますので正解です。
不足するとビタミンD欠乏症(子供は「くる病」、大人では「骨軟化症、 骨粗しょう症」)になります。

2.設問の通り、頭毛は頭の皮膚に対する有害な機械的刺激を防ぎます。

3.設問の通り、皮膚の表面には汗と皮脂が混じり合った弱酸性を示す脂肪膜(皮脂膜)があります。
水分の蒸発を防ぎます。

4.皮膚で体温調節を積極的に行っているのは血管の収縮・拡張と汗腺による発汗です。
ランゲルハンス細胞は、表皮に存在する樹状細胞の一つで、皮膚免疫を司ります。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解は4です。

1 . 皮膚では、日光中の紫外線の照射によってビタミンDがつくられます。
体内でビタミンDができるのは皮膚のみです。

2 . 頭毛は、頭の皮膚に対する有害な機械的刺激やゴミを防いだり、体温調節を行います。

3 . 皮膚の表面には、汗と皮脂が混じり合った弱酸性(pH4.5~6.5)を示す脂肪膜( 皮脂膜 )があり、正常な皮膚表面では細菌や真菌が発育するのは困難です。

4 . 皮膚で体温調節を積極的に行っているのは毛細血管と汗腺です。
ランゲルハンス細胞は免疫に関与する細胞です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この理容師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。