過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

精神保健福祉士の過去問「第16007問」を出題

問題

[ 設定等 ]
地域障害者職業センターで実施している「リワーク支援事業」に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
   1 .
利用対象は、精神障害者保健福祉手帳の所持者に限られる。
   2 .
リワーク支援は、実施期間を定めることなく行われる。
   3 .
復帰しようとする職場の雇用事業主に対する援助を行うこととしている。
   4 .
利用者は、職場に知られることなく支援を受けられる。
   5 .
ジョブコーチによる雇用促進支援を行うこととしている。
( 第16回(平成25年度) 精神保健福祉士国家試験 精神保健の課題と支援 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
42
評価しない
正解は3です。

1.利用対象者は、うつ病等の心の病で休職している人で、精神障害者保健福祉手帳を所持していなくても医師の診断書等があれば利用可能です。

2.リワーク支援は、実施期間を定めて行われます。標準的には12~16週程度で検討されます。

3.雇用事業主に対する援助も行います。

4.利用は、対象者、雇用事業主、主治医の三者合意が必要となります。

5.雇用促進支援は地域障害者職業センターの支援担当職員が行います。ジョブコーチによる雇用継続支援に移行していくこともありますが、必須ではありません。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
29
評価しない
正解は3です。

各選択肢については以下のとおりです。

1→手帳を所持していなくても、医師の診断等により、躁うつ病、統合失調症その他精神疾患を有していると確認できれば利用可能です。

2→標準的には12~16週間です。

4→雇用事業主を含めての支援になるため誤りです。

5→ジョブコーチが関わるものは雇用継続支援です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。