過去問.com
過去問.com  >   精神保健福祉士 過去問  >   過去問題 一覧  >   精神保健福祉士 過去問 第16回(平成25年度) 一覧  >   精神保健の課題と支援 問題16008
問題

精神保健福祉士 過去問
精神保健の課題と支援 問題16008

犯罪被害者等基本法に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

 1 . 
犯罪被害者等とは、犯罪被害者とその家族であり、遺族を除くとしている。
 2 . 
法の基本理念は、犯罪被害者等の尊厳を守る、状況に応じた支援、社会復帰の3つである。
 3 . 
施策の対象は、被害を受けた事件についての捜査及び公判が終わった被害者である。
 4 . 
施策のーつとして、犯罪被害者等の居住の安定について定めている。
 5 . 
法務省内に被害者支援ネットワークを設置することを定めている。
この精神保健福祉士 過去問の解説(2件)
5

正解は4です。

各選択肢については以下のとおりです。

1→犯罪被害者等とは犯罪により害を被った者及びその家族又は遺族です。

2→社会復帰が誤りです。第3条で「被害を受けたときから再び平穏な生活を営むことができるようになるまで必要な支援を途切れることなく受けられる」とあります。支援を受けられる権利の保障が正しいです。

3→第3条に「被害を受けたときから」とあるため、公判が終わってからではありません。第19条では、「保護、捜査、公判等の過程における配慮等」について触れられています。

5→被害者支援ネットワークは認定NPO法人です。犯罪被害者等基本法では第24条に内閣府に犯罪被害者等施策推進会議を設置することが定められています。

2015/02/09 23:07
ID : wpoxudbb
付箋メモを残すことが出来ます。
3

正解は4です。

1.「この法律において「犯罪被害者等」とは、犯罪等により害を被った者及びその家族又は遺族をいう。」と定義されており、遺族も含まれます。

2.社会復帰ではなく「再び平穏な生活を営むことができるようになる」までの支援です。

3.施策の対象は、基本理念の「被害を受けたときから再び平穏な生活を営むことができるようになるまでの間」や、第十九条「保護、捜査、公判等の過程における配慮等」に見られるように、捜査及び公判が終わった被害者に限定していません。

4.第十六条に居宅の安定についての定めがあります。

5.内閣府に犯罪被害者等施策推進会議を置く定めはありますが、その他の設置については定められていません。また被害者支援ネットワークはNPO法人であり、法務省の機関でもありません。

2016/03/09 09:09
ID : zvpsuvyxmd
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
border line
過去問.com 精神保健福祉士国家試験の授業
  • まだ、授業がありません。
過去問.com(過去問ドットコム)は、過去問と予想問題の解説つき無料問題集です。
試験対策の勉強方法 として、無料で過去問題にチャレンジすることが出来ます。
1問1答形式で解答・解説を確認することができ、試験問題をランダムに出題する機能も備えています。
パソコン、スマートフォン(スマホ アプリ)から無料でご利用いただけます。
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。
border line
過去問.com

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。