精神保健福祉士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

精神保健福祉士の過去問 第16022問 出題

問題

障害者の権利擁護に関する次の記述のうち、正しいものを2つ選びなさい。
 1 . 
ソーシャルワークにおけるアドボカシーとは、単なる弁護や代弁ではなく、生活を支援していく上で、幅広く積極的な実践内容を含んでいる。
 2 . 
ピアアドボカシーとは、クライエント自らが法の遵守を監視し、法の問題点を吟味し指摘する役割をいう。
 3 . 
合理的配慮とは、障害者が他の者と平等にすべての人権や基本的自由を享有するのに、必要かつ適当な変更や調整のことをいう。
 4 . 
ブローカーロールとは、ソーシャルワーカーの弁護者としての役割をいう。
 5 . 
クラスアドボカシーとは、支援者の側からではなく、当事者自らが主張することを支援することをいう。

この精神保健福祉士 過去問の解説(2件)

評価する
5
評価しない
正解は1と3です。
アドボカシーは、社会問題に対処するために政府や自治体及びそれに準ずる機関に影響をもたらし、公共政策の形成及び変容を促すことを目的とした活動です。また、合理的配慮については、「障害者の権利に関する条約」第2条に書かれています。

他の選択肢については以下のとおりです。

2→ピアアドボカシーとは、仲間同士の権利擁護のことです。

4→ブローカーロールとは、当事者とさまざまな諸制度との仲介者としての役割のことです。

5→クラスアドボカシーとは、同じようなニーズをもつ特定の集団の権利を擁護することです。ちなみに5の説明は、セルフアドボカシーです。
評価後のアイコン
2015/02/15 09:01
ID : wpoxudbb
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
3
評価しない
正解は1と3です。

1.アドボカシ―には、生活を支援していく上で、社会環境に積極的に働きかける幅広い実践内容を含んでいます。

2.ピアアドボカシーとは、クライアント自ら指摘することではなく、同じ障害を抱える仲間同士が助け合って代弁することをいいます。

3.合理的配慮は、障害者の権利に関する条約にて「障害者が他の者との平等を基礎として全ての人権及び基本的自由を享有し、又は行使することを確保するための必要かつ適当な変更及び調整であって、特定の場合において必要とされるものであり、かつ、均衡を失した又は過度の負担を課さないものをいう。」と規定されています。

4.ブローカーロールとは、仲介者としての役割をいいます。弁護者としての役割は、アドボケートロールといいます。

5.当事者自ら主張することを支援するのは、セルフアドボカシーです。クラスアドボカシーとは、同じ課題を抱えた当事者の代弁や制度の改善・開発を目指すことをいいます。
評価後のアイコン
2016/03/09 21:13
ID : zvpsuvyxmd
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。