過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

精神保健福祉士の過去問「第16035問」を出題

問題

[ 設定等 ]
次の記述のうち、精神保健福祉士が行うストレングス視点に基づく援助として、正しいものを2つ選びなさい。
   1 .
精神保健福祉士が、クライエントにストレングスを身につけさせる。
   2 .
クライエントの希望や願望を援助目標に反映させる。
   3 .
精神保健福祉士が、援助過程の方向性や内容を決定する。
   4 .
援助において、精神保健福祉士が主に活動する場は、地域である。
   5 .
資源を活用する際には、一般的な資源よりも精神保健福祉サービスを重視する。
( 第16回(平成25年度) 精神保健福祉士国家試験 精神保健福祉の理論と相談援助の展開 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
10
評価しない
正解は2と4です。

ステレングス視点とは、クライエントの強みに着目した支援をいいます。その要素としては、願望、能力、自信、資源、社会関係、機会が挙げられます。

1.ストレングス視点とは、クライエントに身につけさせるものではありません。

2.クライエントの希望や願望を援助目標に反映させることは、ストレングス視点といえます。

3.援助過程の方向性や内容を決定するのはクライエント自身です。

4.地域で精神保健福祉士が活動することはストレングス視点といえます。

5.資源を活用する際には、精神保健福祉サービスよりも一般的な資源を重視します。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
4
評価しない
正解は2と4です。
ストレングス視点とは、利用者の欠点等に着目するのではなく、その潜在能力や環境等、利用者のストレングス(強さ、強み)に着目し、尊重し、それを活かした支援をしていくことにより、利用者自身が主体となり、援助者と対等で協働的な関係で問題を解決していく視点のことです。

1の「身につけさせる」という考え、3の「精神保健福祉士が決定する」という点には協働的という観点がありません。5の「一般的な資源よりも精神保健福祉サービスを重視する」という部分もストレングス視点では先に述べたようにクライエントの潜在能力や環境といった資源を利用するため誤りです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。