過去問.com

第16回(平成25年度) 精神保健福祉士国家試験 精神保健福祉の理論と相談援助の展開  過去問題 | 無料の試験問題

問題

「障害者総合支援法」における精神障害者の地域移行支援に関する次の記述のうち、正しいものを2つ選びなさい。

 1 . 
一般病床に1年以上入院している者も利用できる。
 2 . 
特別養護老人ホームに入所している者も利用できる。
 3 . 
障害者支援施設に入所している者も利用できる。
 4 . 
「医療観察法」に基づき、指定医療機関に入院している者も利用できる。
 5 . 
グループホーム(共同生活援助)に入居している者も利用できる。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
2

正解は3、4です。

1.一般病床に入院している人は利用できません。

2.特別養護老人ホームに入所している人は利用できません。特別養護老人ホームは、障害者支援施設ではなく、老人福祉施設です。

3.障害者支援施設に入所している人は利用可能です。

4.医療観察法に基づいて、指定医療機関に入院している人も利用できます。

5.グループホームに入居している人は、住環境が確保できているため、利用できません。

2016/03/12 07:20
ID : zvpsuvyxmd
2

正解は3と4です。
「地域移行支援」とは、障害者支援施設等や精神科病院に入所・入院している障害者に対して住居の確保や障害福祉サービスの体験利用、体験宿泊のサポートなど地域生活に移行するための支援です。

一般病院の場合、精神科病床なら対象になりますが、一般病床のため不適切、特別養護老人ホームやグループホームは障害者支援施設に含まれないため不適切です。

2015/02/23 21:13
ID : wpoxudbb
border line
精神保健福祉士国家試験の最新の記事
  • まだ、記事がありません。
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。