過去問.com

第16回(平成25年度) 精神保健福祉士国家試験 精神障害者の生活支援システム  過去問題 | 無料の試験問題

問題

「障害者白書(平成25年)」(内閣府)における外来の精神障害者の現状に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

 1 . 
65歳以上の者の割合を2005年(平成17年)と2011年(平成23年)で比較すると、約5%減少している。
 2 . 
精神科初診時の年齢は、いずれの疾患の場合でも、20歳未満が40%を超えている。
 3 . 
疾患別構成割合では、統合失調症、統合失調症型障害及び妄想性障害のある者の割合が30%を超えている。
 4 . 
障害年金受給者は約25%であるが、統合失調症のある者では40%を超えている。
 5 . 
一人暮らしをしている者は約50%で、家族と同居している者を上回っている。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
1

正解は5です。白書についてはこちらをご覧ください。
http://www8.cao.go.jp/shougai/whitepaper/h25hakusho/gaiyou/h1_01.html

各選択肢については以下のとおりです。

1→約5%減少ではなく、5%上昇です。28.6%から33.8%となっています。

2→「いずれの疾患の場合でも」という部分が誤りです。統合失調症は40%を超えていますが、うつ病は29.3%となっています。

3→30%を超えていません。平成23年のデータですが、18.7%となっています。

5→一人暮らしは約20%弱です。

2015/04/13 16:20
ID : wpoxudbb
0

1.正答。その通り。

2.誤答。精神科初診時には認知症やうつ病の患者も多いのでもっと40歳以上の割合が大きくなります。

3.誤答。統合失調症は約20パーセントです。

4.正答。その通り。

5.誤答。精神障害者の約80パーセントは同居人がいます。

2015/01/30 16:51
ID : uesomqxem
border line
精神保健福祉士国家試験の最新の記事
  • まだ、記事がありません。
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。