精神保健福祉士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

精神保健福祉士の過去問 第16068問 出題

問題

統合失調症のため約8年間入院していた精神科病院を退院したLさん(62歳、男性)は、身寄りもなく、持家で単身生活を始めて6か月が経過した。生活費は毎月の障害年金と預貯金(約350万円)で賄っている。最近、Lさんは、多少物忘れがみられるようになり、判断能力も徐々に低下し、金銭管理の面でも支障が出るようになってきた。つい先日も、通帳と印鑑の保管場所を忘れて、生活費を銀行から引き出すことができなくなってしまった。
次のうち、現時点でLさんが利用するにふさわしい制度として、適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
成年後見制度
 2 . 
生活福祉資金貸付制度
 3 . 
日常生活自立支援事業
 4 . 
意思疎通支援事業
 5 . 
精神障害者アウトリーチ推進事業

この精神保健福祉士 過去問の解説(2件)

評価する
2
評価しない
正解は3です。
日常生活自立支援事業は、認知症高齢者、知的障害者、精神障害者等のうち、判断能力が不十分な人が地域において自立した生活が送れるよう、利用者との契約に基づき福祉サービスの利用援助等を行うものです。日常的金銭管理もこの中に含まれます。

Lさんは、持家であること、障害年金と預貯金があること、判断能力に関しては「ない」という状態に至っていないことから、日常生活自立支援事業が該当します。
評価後のアイコン
2015/04/13 16:21
ID : wpoxudbb
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
1.誤答。現状では利用する可能性が極端に低いです。

2,誤答。生活福祉資金貸付制度は低所得者や高齢者の生活を経済的に支える制度です。

3.正答。その通り。

4.誤答。事例とは全く関係がないです。

5.誤答。アウトリーチで関わる事例ではありません。
評価後のアイコン
2015/01/30 17:12
ID : uesomqxem
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。