精神保健福祉士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

精神保健福祉士の過去問 第16069問 出題

問題

住宅入居等支援事業 (居住サポート事業)に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
 1 . 
実施主体は、都道府県が原則である。
 2 . 
「住宅セーフテイネット法」に位置づけられた事業である。
 3 . 
夜間を除き、日中に必要な支援を実施する。
 4 . 
利用期間については、期限を設けてはならないとしている。
 5 . 
本人と家主等との入居契約の手続支援を行う。

この精神保健福祉士 過去問の解説(2件)

評価する
3
評価しない
1.誤答。市町村地域生活支援事業にあたります。

2.誤答。住宅に困窮する世帯に対する住宅施策です。

3.誤答。日中の支援は対象になっていません。

4.誤答。期間を設けてはならないという記載はないです。

5.正答。その通り。
評価後のアイコン
2015/01/30 17:17
ID : uesomqxem
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
正解は5です。
住宅入居等支援事業は地域生活支援事業の一つで本人と家主等の入居契約の手続き支援を行います。

各選択肢については、以下のとおりです。

1→都道府県ではなく、市町村です。

2→障害者総合支援法第77条に基づきます。

3→24時間必要な支援を実施します。

4→本人と家主との契約によります。
評価後のアイコン
2015/04/13 16:24
ID : wpoxudbb
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。