過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

精神保健福祉士の過去問「第16075問」を出題

問題

[ 設定等 ]
老化に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
   1 .
加齢に伴う疾患の増加は、生理的老化の原因になる。
   2 .
生理的老化の特徴の一つに可逆性がある。
   3 .
老化は環境因子に影響されるが、遺伝因子には影響されない。
   4 .
老化が進むとともに、生理機能低下度の個人差は減少する。
   5 .
肺や腎臓は老化による生理機能低下が顕著な器官である。
( 第16回(平成25年度) 精神保健福祉士国家試験 人体の構造と機能及び疾病 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
14
評価しない
1.誤答。体力低下など自然と低下していくことを生理的老化といいます。

2.誤答。不可逆的なものです。

3.誤答。環境、遺伝両方の側面があります。

4.誤答。年を取ると個人差は広がります。

5.正答。その通り。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
10
評価しない
正解は5です。肺や腎臓に限らず、大部分の臓器で萎縮が起こります。機能低下が起きます。
こちらのサイトに各臓器別の機能を数値化したものが掲載されています。参考にしてください。
http://field-medicine.org/ninomiya-seitai/main/disease25.html

他の選択肢については以下のとおりです。

1→「生理的老化」ではなく「病的老化」です。

2→可逆性とはもとに戻ることです。老化はもとに戻ることではないので誤りです。

3→遺伝因子の影響を受けます。

4→個人差は増加します。その年齢までどのような生活をしていたか人によって異なるため、違いは大きくなります。
評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
正答【5】

1.誤答
生理的老化は加齢に伴い誰にでも起こる老化です。一方、疾患の増加が原因で老化現象が現れるのは「病的老化」です。

2.誤答
加齢とともに衰える心身機能は通常、元に戻ることはありません。そのため生理的老化の特徴は不可逆的なものと言えます。

3.誤答
老化は生活習慣や食習慣、ストレス、社会環境など環境因子だけでなく遺伝因子にも大きく関係しています。

4.誤答
加齢とともに誰にでも生理機能の低下は見られますが、日頃の生活習慣や運動習慣、病気の有無などによって同年代でも老化の程度や進行にはかなりの個人差があります。

5.正答
加齢によって臓器が老化し生理的機能の低下が起こりますが、程度はそれぞれの臓器によって差があります。
選択肢の説明とおり腎臓や肺は生理的機能の低下が顕著に現れる臓器です。

肝臓や腎臓などは加齢によって細胞が死滅すると置き換わらないため細胞量が著しく減少してしまうので正常に機能しなくなります。
また、肺も加齢に伴い肺の弾性収縮力が弱くなるので呼吸機能が低下しやすい臓器です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。