過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

精神保健福祉士の過去問「第16079問」を出題

問題

[ 設定等 ]
認知症に関する次の記述のうち、正しいものを2つ選びなさい。
   1 .
アルツハイマー型認知症の治療に用いられる薬物は、現在、存在しない。
   2 .
レビー小体型認知症では、パーキンソン症状を生じることはまれである。
   3 .
脳血管性認知症は、生活習慣病(糖尿病、脂質異常症、高血圧など)が原因となっていることが多い。
   4 .
正常圧水頭症による認知症は、外科手術で回復することがある。
   5 .
認知症に伴うせん妄は、夜間よりも昼間の方が多い。
( 第16回(平成25年度) 精神保健福祉士国家試験 人体の構造と機能及び疾病 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
8
評価しない
正解は3と4です。

他の選択肢については以下のとおりです。

1→進行を遅らせる薬はあります。

2→パーキンソン症状、幻覚、幻聴がレビー小体型認知症の特徴です。

5→夕方から夜の方が多いです。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
4
評価しない
1.誤答。完治させる薬はありませんが、使用されている薬はあります。

2.誤答。パーキンソニズムを伴うことが特徴です。

3.正答。その通り。

4.正答。その通り。

5.誤答。認知症のせん妄は夜間のほうが多いです。
評価後のアイコン
評価する
3
評価しない
正答【3.4】

1.誤答
アルツハイマー型認知症を完全に治す薬はありませんが、神経細胞を活性化させたり不安やイライラを少なくするなど4種類の薬物が治療で使用されています。

2.誤答
レビー小体認知症には「認知機能の変動」「繰り返し現れる幻視」「パーキンソン症状」の3つの特徴があります。

3.正答
選択肢の説明通り生活習慣病は認知症を発症する確率が高くなります。

4.正答
正常圧水頭症による認知症は、脳を保護する脳脊髄液が過剰に溜まり脳の前頭葉が広範囲にわたって障害されることで起こります。

認知障害(80%以上)の他に歩行障害(90%以上)排尿障害(70%以上)が現れます。

この過剰に増えた脳脊髄液を外科的手術で抜き取ることで回復することがあります。

5.誤答
認知症に伴うせん妄は、夕方から夜にかけて見られる「夜間せん妄」が多く見られます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。