過去問.com

第16回(平成25年度) 精神保健福祉士国家試験 心理学理論と心理的支援  過去問題 | 無料の試験問題

問題

カウンセリングに関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

 1 . 
心理教育的カウンセリングでは、母親に方向性を見定めてもらうために、子どもの見方や対処法に関して専門家としての考え方や意見を伝えることを控える。
 2 . 
パーソンセンタード・カウンセリングでは、クライエントの訴えに対してカウンセラーは思いやりを向けると同時に積極的にカウンセラーとしての意見を述べる。
 3 . 
認知行動カウンセリングでは、クライエントのゆがんだ自動思考やその原因となっているスキーマを変容させ不適切な行動の改善を図るが、不快な感情は取り扱わない。
 4 . 
家族カウンセリングでは、個人が示している症状は家族を含む社会全体がうまく機能していないことを示すサインだととらえ、社会に目を向け社会を変える努力をする。
 5 . 
ビアカウンセリングでは同じ悩みを抱える仲間の中で支援のためのスキルを学んだ人が、当事者に対して問題を自分自身で解決できるよう手助けをする。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
2

正解は5です。

各選択肢については以下のとおりです。
1→心理教育的カウンセリングには意見を伝え指導をする要素もあります。

2→パーソンセンタード・カウンセリングは来談者中心療法、非指示療法と呼ばれるもので、クライエントの気づきに焦点を当てます。カウンセラーが積極介入するものではありません。

3→「不快な感情は取り扱わない」という部分が誤りです。どうしてそのような感情になるのか考え、それを前向きにとらえられるように変えていきます。

4→家族カウンセリングでは、家族を一つのまとまりとなったシステムととらえます。いきなり社会に目をむけるわけではありません。

2015/04/17 20:48
ID : wpoxudbb
1

1.誤答。心理教育的カウンセリングは人間関係をまず理解し、考え方が変わり、感じ方が変わり、気持ちと生活が変わるという過程を目的としています。

2.誤答。パーソンセンタードカウンセリングはクライアントが自分の力で心理や行動を洞察して変わっていくのを待つ非指示的療法です。

3.誤答。認知行動療法カウンセリングは思考(認知)を変えて、感じ方を変え、最終的には行動が変わるという治療方法です。

4.誤答。家族カウンセリングはシステムズアプローチの考えに基づいています。

5.正答。その通り。

2015/01/30 20:40
ID : uesomqxem
border line
精神保健福祉士国家試験の最新の記事
  • まだ、記事がありません。
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。