精神保健福祉士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

精神保健福祉士の過去問 第16092問 出題

問題

近代官僚制に関する次の記述のうち正しいものを1つ選びなさい。
 1 . 
官僚制組織は必ずしも規模が大きいとは限らないので、明文化された規則がない。
 2 . 
官僚制組織においては、権限のヒエラルヒーが明確であるため、上司と部下とのパーソナルな関係が重視される。
 3 . 
官僚制は形式合理性を重視するがゆえに実質合理性を失って、逆機能的になることがある。
 4 . 
官僚制は組織目的を効率的に達成するために、職務を専門化することなく、口頭での連絡を重視する。
 5 . 
官僚制は職務が平等に配分され、権限の上下関係もない水平的な組織である。

この精神保健福祉士 過去問の解説(2件)

評価する
2
評価しない
正解は3です。

各選択肢については以下のとおりです。
1→官僚制の特徴に「文書主義」があります。よって誤りです。

2→重視されるのは「パーソナルな関係」ではなく「形式的関係」です。

4→官僚制の特徴に「専門性の原則」「文書主義」があります。よって誤りです。

5→官僚制の特徴に「権限の原則」「階層の原則」があります。よって誤りです。

評価後のアイコン
2015/04/18 22:51
ID : wpoxudbb
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
1.誤答。官僚制では形式的な恒常的な規則が明文化されるのが基本とされています。

2.誤答。階級秩序があるのでパーソナルな関係は逆にもてなくなります。

3.正答。その通り。

4.誤答。官僚制は合理的なシステムのため職務の専門化は欠かせません。

5.誤答。権限のヒエラルキーなので上下関係は重要視されます。
評価後のアイコン
2015/01/30 21:05
ID : uesomqxem
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。