過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

精神保健福祉士の過去問「第16094問」を出題

問題

[ 設定等 ]
社会的行為に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
   1 .
目的合理的行為とは、ある目的を達成するために行われる行為を意味するので、祈願や祈祷などの行為もそれに含まれる。
   2 .
伝統的行為とは、昔から家族や地域共同体等で行われてきたもので、季節の行事や慣習的な行為等を意味する。
   3 .
価値合理的行為とは、信奉する価値の実現のために行われる行為を意味するので、その価値が実際に実現したかどうかという結果が重視される。
   4 .
感情的行為とは、個人の内面における感情の表現が重視される行為を意味するので、社会的行為とはいえない。
   5 .
コミュニケーション的行為とは、相互に相手の役割を確認しつつ行われる戦略的行為のことであって、相互了解や合意を目指すものではない。
( 第16回(平成25年度) 精神保健福祉士国家試験 社会理論と社会システム )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
8
評価しない
1.誤答。祈願や祈祷は伝統的行為にあたります。

2.正答。その通り。

3.誤答。その価値が実際に実現したかは関係がないです。

4.誤答。感情的行為は社会的行為の一つに分類されます。

5.誤答。戦略的行為は権力や貨幣といった力によって相手の意思決定に影響を及ぼす行為を言います。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
5
評価しない
正解は2です。

他の選択肢については以下のとおりです。

1→祈願や祈祷は価値合理的行為です。

3→価値合理的行為は何らかの結果を期待して行うのではなく、宗教や道徳などある価値を無条件・意識的に確信することによって方向づけられる行為です。

4→感情的行為もヴェーバーの社会的行為の四類型の一つです。

5→コミュニケーション的行為は戦略的行為ではありません。よって誤りです。
評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
正答【2】
選択肢1~4は、マックス・ウェーバーの社会行為の4類型に関する問題です。

1.誤答
祈願や祈祷などの行為は伝統的行為です。

2.正答
選択肢の説明文通りです。

3.誤答
価値合理的行為は、価値の実現のために行われる行為を意味するのであって実際に実現したかどうかという結果は関係ありません。

4.誤答
個人の内面の感情が動機となった行為のため社会的行為と言えます。

5.誤答
ハーバマスによると、コミュニケーション的行為とは行為者がお互いに言語的に了解し合うことによって行為を相互主観的に調整するために用いる合理性に基づく行為としています。
そのため戦略的行為ではなく了解志向的行為です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。