過去問.com

第16回(平成25年度) 精神保健福祉士国家試験 地域福祉の理論と方法  過去問題 | 無料の試験問題

問題

事例を読んで、社会福祉協議会のJ福祉活動専門員の活動に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。

〔事 例〕
V市では、前年に他県で起きた震災による避難者を市内にある公営住宅で受入れている。避難者は帰郷する見通しもない中で心身のストレスや不安が大きく、極めて困難な状況に置かれている。V市社会福祉協議会のJ福祉活動専門員は、行政とも相談しながら支援活動に取り組むこととした。

 1 . 
避難者の負担になるので、自治組織づくりへの働きかけは控えて、既存の町内会・自治会に加入するように避難者に呼びかける。
 2 . 
避難者に対するV市や周辺での就労を支援することは、帰郷を妨げることになるので、帰郷に向けた支援を中心に据えることにする。
 3 . 
社会福祉士会や民生委員協議会医師会、弁護士会などと連携し、避難者の個別ニーズの把握や相談に応じることにする。
 4 . 
避難者対象のサロンなどの居場所づくりをしても、参加者が少ないと思われるため、日常的な取組よりも災害ボランティアも参加できる大規模なイベントを企画する。
 5 . 
プライバシーを尊重するため、避難者の居宅への訪問は避ける。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

正解は3です。

1.心身のストレスや不安が大きい避難者に、既存の町内会・自治会に加入するよう呼びかけることは適切ではありません。自治会等の加入については、避難者をはじめとする住民の意向を大切にする必要があります。

2.帰郷する見通しがない中で、帰郷に向けた支援を中心にすることは適切ではありません。避難が長期化することに備え、避難先での就労支援を優先することが大切です。

3.避難者が抱えるニーズは個々に異なるため、各方面の専門家と連携し、個別ニーズの把握や相談に応じることは適切な対応です。

4.避難者にとって、サロンなどの日常的な居場所があることは安心につながります。最初は参加者が少なくとも、日常的な取組を地道に推進することが大切です。

5.自ら助けを求められる人ばかりではないため、居宅への訪問はプライバシーに配慮しつつ行うことが望ましいといえます。

2016/03/27 20:28
ID : zvpsuvyxmd
0

正解は3です。
問題文中の「避難者は帰郷する見通しもない中で心身のストレスや不安が大きく、極めて困難な状況におかれている」という部分に配慮があるかどうかが鍵となります。

1→既存の町内会とつながりを持つことは大切ですが、避難者の気持ちを理解するには、同じ境遇の人とのつながりの方が大切です。

2→帰郷する見通しがないということであれば、生活のための就労支援は必要なことです。

4→日常的な取り組みが必要です。

5→孤立を防ぐためにも、ニーズ分析をするためにも訪問は必要です。

2015/03/22 22:26
ID : wpoxudbb
border line
精神保健福祉士国家試験の最新の記事
  • まだ、記事がありません。
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。