過去問.com

第16回(平成25年度) 精神保健福祉士国家試験 地域福祉の理論と方法  過去問題 | 無料の試験問題

問題

地域福祉におけるニーズ把握に関する次の記述のうち、より適切なものを、選びなさい。

 1 . 
生活上のニーズを把握するために、認知症高齢者の家族から状況を聞き取り、KJ法を応用して意見を集約した。
 2 . 
子育てに関する個別具体的なニーズを把握するために、一部の回答者のニーズが強調されすぎるため聞き取り調査は避けて、質問紙調査で全体のニーズを把握した。
 3 . 
在宅介護を受けている認知症高齢者のニーズを把握するために、本人を対象としてアクション・リサーチの方法を用いて調査した。
 4 . 
在宅で暮らす高齢者の潜在的なニーズを把握するためにふれあい・いきいきサロン活動に参加し、活動の合間に参加者から話を聞いた。
 5 . 
住民全体のニーズを把握するために、インターネットで質問に回答してもらうことで、量的に幅広く住民のニーズ把握をすることにした。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
2

正解は1と4です。
1のKJ法とは、多くの断片的なデータを統合して問題解決に使われる方法です。カード作成、グループ編成、図式化、叙述化の4つのステップを踏み、整理していきます。4の手法は参与観察というものです。

他の選択肢については以下のとおりです。

2→「個別的なニーズ」の把握のためには「聞き取り調査」は有効です。質問紙調査は全体把握に用います。よって不適切です。

3→アクションリサーチとは、実践活動とその効果を客観的に分析・評価し、実践活動の改善を行う調査研究方法です。現状のニーズを把握するのであれば、聞き取り調査が適切です。

5→インターネットではなく、質問紙が適切です。インターネットの場合、ネットに慣れ親しんでいる人には便利ですが、高齢者で使えない方もいる可能性もありますし、環境が整っていない方もいらっしゃるかもしれません。


2015/03/23 22:22
ID : wpoxudbb
1

正解は1と4です。

1.KJ法とは付箋紙などを使って、自由な意見を出してもらい、それをグループ化しながら整理していく手法をいいます。生活上のニーズを把握するために、認知症高齢者の家族から意見を集約する際の手法として、KJ法は適切なものといえます。

2.個別の具体的なニーズを把握するためには、一部の回答者のニーズが強調されすぎないように配慮しながら、聞き取り調査を行うことが有効であるため、適切とはいえません。

3.アクションリサーチは、問題の共有と定義から、計画、実践、分析、評価、発表という形で課題解決を図る研究手法です。ニーズ把握という局所的な場面で用いる手法ではありません。

4.地域での活動に一緒参加することで、潜在的なニーズを把握することができやすいため、ふれあい・いきいきサロン活動に参加して、活動の合間に参加者から話を聞くことは適切な方法といます。

5.インターネットを使った調査方法は、インターネットを使わない住民の声が反映されないため、量的に幅広く住民全体のニーズを把握するには不向きです。

2016/03/29 07:25
ID : zvpsuvyxmd
border line
精神保健福祉士国家試験の最新の記事
  • まだ、記事がありません。
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。