精神保健福祉士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

精神保健福祉士の過去問 第16118問 出題

問題

「社会保障・税一体改革」の内容に関する次の記述のうち、適切なもの2つ選びなさい。
 1 . 
生活保護費の国庫負担率を、4分の3から2分の1に変更するという内容が含まれている。
 2 . 
介護保険制度の財政基盤を強化するために、保険者を市町村から都道府県に移行させるという内容が含まれている。
 3 . 
安定財源を確保することにより、基礎年金の国庫負担2分の1を恒久化するという内容が含まれている。
 4 . 
消費税率の引上げによって得られた財源は、社会保障のほか、教育及び防災関係の政策に充てられることになっている。
 5 . 
子ども・子育て支援を含めて、「全世代対応型」の社会保障制度の構築を目指している。

この精神保健福祉士 過去問の解説(2件)

評価する
4
評価しない
正解は3と5です。

1.社会保障・税一体改革では、「生活保護費」の国庫負担率の変更についての記述はありません。

2.社会保障・税一体改革では、「介護保険」の保険者を移行させるという記述はありません。

3.社会保障・税一体改革では、「基礎年金」の国庫負担の2分の1を恒久化するという内容が含まれています。

4.消費税率の引上げによって得られた財源は、全額社会保障に充てられます。

5.社会保障・税一体改革では、子ども・子育て支援を含めて「すべての世代が安心感と納得感の得られる、『全世代型』の社会保障制度に転換を図る。そして、社会保障制度を将来の世代にしっかり伝える。」ことを目指しています。
評価後のアイコン
2016/03/30 06:51
ID : zvpsuvyxmd
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
正解は、3と5です。

他の選択肢については以下のとおりです。

1→国は国庫負担率を3分の2ないしは2分の1に変更を考えているものの、全市長会からは全額国庫という要望が出されており、これに関する決着はついていません。

2→医療と介護を一体化した地域包括ケアを目指すため、保険者の単位は市町村です。国民健康保険に関しては、平成30年度から都道府県が財政運営の責任主体という形にはなります。

4→全額社会保障目的税化です。
評価後のアイコン
2015/03/22 22:42
ID : wpoxudbb
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。