精神保健福祉士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

精神保健福祉士の過去問 第16123問 出題

問題

人口動態に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
 1 . 
「日本の将来推計人口(平成24年1月中位推計)」によると、日本の総人口は、2060年(平成72年)に約6,400万人になると推計されている。
 2 . 
厚生労働省の人口動態統計によると、2012年(平成24年)の合計特殊出生率は、1.21で前年を下回った。
 3 . 
「平成23年簡易生命表」(厚生労働省)によると、2011年(平成23年)の平均寿命は女性は85年を上回っているが、男性は80年に達していない。
 4 . 
「日本の地域別将来推計人口(平成25年3月推計)」によると、65歳以上人口が総人口に占める割合は、2040年(平成52年)には、全都道府県で4割を超えると推計されている。
 5 . 
厚生労働省の人口動態統計により、2012年(平成24年)の死亡数を死因別にみると、第1位は悪性新生物、第2位は脳血管疾患となっている。

この精神保健福祉士 過去問の解説(2件)

評価する
4
評価しない
正解は3です。【第16回時点の場合】

1.日本の将来推計人口(平成24年1月推計)によると、日本の総人口は8,674万人になると推計されています。

2.第16回で対象となった2012年(平成24年)の合計特殊出生率は1.41で前年の1.39を上回っています。2014年(平成26年)の合計特殊出生率は1.42で前年の1.43を下回っています。いずれにしても1.21ではありません。

3.平成23年簡易生命表では、男性の平均余命は79.44年、女性の平均余命は85.90年でした。【平成26年簡易生命表では、男性の平均余命は80.05年、女性の平均余命は86.83年で、男性も80年に達していることに注意してください】

4.日本の地域別将来推計人口(平成25年3月推計)によると、65歳以上の人口が総人口に占める割合は、2040年(平成52年)には3割を超えると推計されています。沖縄県30.3%、愛知県32.4%、滋賀県32.8%など4割を超えない都道府県が存在します。

5.2012年(平成24年)の死亡数の死因別は、悪性新生物、心疾患、肺炎の順になってます。2014年(平成26年)もその傾向は変わっていません。
評価後のアイコン
2016/04/02 09:38
ID : zvpsuvyxmd
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
4
評価しない
正解は3です。報告書によると男性は79.44歳です。

他の選択肢は以下のとおりです。
1→6,400万人ではなく、8,674万人です。

2→1.21ではなく1.41で前年を0.02ポイント上回っています。

4→4割ではなく3割です。

5→第2位は脳血管疾患ではなく、心疾患です。ちなみに第3位が肺炎、第4位が脳血管疾患となっています。
評価後のアイコン
2015/03/22 22:46
ID : wpoxudbb
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。