過去問.com

第16回(平成25年度) 精神保健福祉士国家試験 社会保障  過去問題 | 無料の試験問題

問題

社会保障制度の歴史に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

 1 . 
ドイツでは、18世紀終盤に、宰相ビスマルクにより、法律上の制度として世界で初めて社会保険制度が整備された。
 2 . 
アメリカでは、世界恐慌の中、ニューデイール政策が実施され、その一環として低所得者向けの公的医療扶助制度であるメディケイドが創設された。
 3 . 
フランスでは、連帯思想が社会保険制度の段階的な充実につながり、1930年には、ラロック・プランに基づく社会保険法が成立した。
 4 . 
イギリスでは、1990年代に、サッチャー政権が効率と公正の両立を目指す「第三の道」を標傍し、就労支援を重視した施策を展開した。
 5 . 
日本では、1960年代に国民皆保険・皆年金制度が実現し、その他の諸制度とあいまって社会保障制度が構築されてきた。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
1

正解は5です。
国民皆保険・皆年金制度は1961年です。

その他の選択肢については以下のとおりです。

1→「18世紀終盤」が誤りで「19世紀終盤」です。

2→メディケイドが創設されたのは1965年です。ニューディール政策は1933年なので、誤りです。

3→「1930年」が誤りです。1945年に計画案ができ、1946年成立です。

4→「サッチャー政権」が誤りです。正しくは「トニー・ブレア政権」です。

2015/03/23 00:05
ID : wpoxudbb
0

正解は5です。

1.ドイツで法律上の制度として世界で初めて社会保険制度が整備されたのは19世紀の終盤です。

2.メディケイドは1965年に創設されました。ニューディール政策が実施されたのは1933年であり関係はありません。

3.ラロック・プランが策定されたのは1945年です。1930年ではありません。

4.第三の道はサッチャー政権ではなく、ブレア政権で展開されました。

5.国民皆保険・皆年金制度(こくみんかいほけん・かいねんきんせいど)は、1961年に実現しました。

2016/04/02 10:27
ID : zvpsuvyxmd
border line
精神保健福祉士国家試験の最新の記事
  • まだ、記事がありません。
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。