過去問.com

第16回(平成25年度) 精神保健福祉士国家試験 障害者に対する支援と障害者自立支援制度  過去問題 | 無料の試験問題

問題

在宅の障害者の同居者の状況に関する次の記述のうち、「厚生労働省の実態調査」の結果が示すものとして、正しいものを1つ選びなさい。

 1 . 
65歳未満の身体障害者のうち、「親と暮らしている」者が半数以上である。
 2 . 
65歳未満の知的障害者のうち、「夫婦で暮らしている」者が半数以上である。
 3 . 
65歳未満の精神障害者のうち、「夫婦で暮らしている」者が半数以上である。
 4 . 
65歳以上の障害者のうち、「一人で暮らしている」者が半数以上である。
 5 . 
65歳未満の障害者のうち、「親と暮らしている」者が半数以上である。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
1

正解は5です。

平成23年生活のしづらさなどに関する調査(全国在宅障害児・者等実態調査)に関する問題です。(複数回答可の調査のため数字の合計は100%を超えています)

1.65歳未満の身体障害者について、「親と暮らしている」者は40.7%です。半数以上は「夫婦で暮らしている」者で59.7%となっています。

2.65歳未満の知的障害者について、「夫婦で暮らしている」者は5.1%です。半数以上は「親と暮らしている」者で90.7%となっています。

3.65歳未満の精神障害者について、「夫婦で暮らしている」者は25.4%です。半数以上は「親と暮らしている」者で65.7%となっています。

4.65歳以上の障害者について、「一人で暮らしている」者は15.7%です。半数以上は「同居者有」で82.3%となっています。

5.65歳未満の障害者について、「親と暮らしている」者は56.1%で半数以上です。

2016/04/02 14:56
ID : zvpsuvyxmd
0

正解は5です。
内容についてはこちらをご参照ください。
http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/dl/seikatsu_chousa_c_h23.pdf

他の選択肢については以下のとおりです。
1→夫婦で暮らしている人が59.7%で半数以上です。

2、3→親と暮らしているが半数以上です。

4→同居者有が半数以上です。

2015/03/23 00:08
ID : wpoxudbb
border line
精神保健福祉士国家試験の最新の記事
  • まだ、記事がありません。
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。