過去問.com

第16回(平成25年度) 精神保健福祉士国家試験 障害者に対する支援と障害者自立支援制度  過去問題 | 無料の試験問題

問題

「障害者総合支援法」に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

 1 . 
就労移行支援は、通常の事業所に雇用されることが困難な障害者に対して、雇用契約の締結等による就労の機会を提供するとともに、必要な訓練等の便宜を供与することである。
 2 . 
障害福祉サービスの利用者負担額と補装具の利用者負担額を合算して一定の額を超える場合、特定障害者特別給付費が支給される。
 3 . 
市町村は、地域生活支援事業としてサービス管理責任者研修を実施し、事業所や施設のサービスの質の確保を図らなければならない。
 4 . 
市町村は、介護給付費の支給申請があったときは、障害者又は障害児の心身の状況、その置かれている環境等について調査を実施し、要介護認定を行わなければならない。
 5 . 
障害者又は障害児の保護者の居住地が明らかでないとき、介護給付費の支給決定は、現在地の市町村が行う。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
3

正解は5です。障害者総合支援法第19条の2にあります。

他の選択肢については、以下のとおりです。
1→「『就労移行支援』とは、就労を希望する障害者につき、厚生労働省令で定める期間にわたり、生産活動その他の活動の機会の提供を通じて、就労に必要な知識及び能力の向上のために必要な訓練その他の厚生労働省令で定める便宜を供与することをいう。」となっています。1の文は「就労継続支援」の説明です。

2→「特定障害者特別給付費」ではなく、「高額障害福祉サービス給付費」の説明です。

3→「市町村は」という部分が誤りです。正しくは「都道府県は」になります。

4→「要介護認定」が誤りで「障害支援区分の認定」が正しいです。第21条に書かれています。

2015/03/23 00:09
ID : wpoxudbb
2

正解は5です。

1.「就労移行支援」は、障害者総合支援法第5条に「就労を希望する障害者につき、厚生労働省令で定める期間にわたり、生産活動その他の活動の機会の提供を通じて、就労に必要な知識及び能力の向上のために必要な訓練その他の厚生労働省令で定める便宜を供与することをいう。」と規定されています。「通常の事業所に雇用されることが困難な障害者につき、就労の機会を提供するとともに、生産活動その他の活動の機会の提供を通じて、その知識及び能力の向上のために必要な訓練その他の厚生労働省令で定める便宜を供与することをいう。」と規定されているのは「就労継続支援」です。

2.障害福祉サービスの利用者負担額と補装具の利用者負担額を合算して一定の額を超える場合に支給されるのは、高額障害福祉サービス等給付費です。特定障害者特別給付費は、食費や居住費に関する給付です。

3.サービス管理責任者研修を実施し、事業所や施設のサービスの質の確保を図るのは都道府県の役割です。

4.要介護認定は、介護保険法の下に実施されます。障害者総合支援法に基いて実施されるのは、障害支援区分です。

5.障害者総合支援法第19条に「障害者又は障害児の保護者が居住地を有しないとき、又は明らかでないときは、その障害者又は障害児の保護者の現在地の市町村が行うものとする。」と規定されています。

2016/04/02 15:23
ID : zvpsuvyxmd
border line
精神保健福祉士国家試験の最新の記事
  • まだ、記事がありません。
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。