過去問.com

第16回(平成25年度) 精神保健福祉士国家試験 障害者に対する支援と障害者自立支援制度  過去問題 | 無料の試験問題

問題

事例を読んで、 Aさんに対する相談支援事業所の職員の助言に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

〔事例〕
身体障害のある Aさん(25歳、女性)は、 B さん(27歳、男性)と結婚し、半年前に出産した。子どもの発達・発育は良好である。 Aさんは障害程度区分4で二肢以上に麻痺があり「歩行」「移乗」「排尿」「排便」のどれもが自立していない。また、就労はしていない。これまで夫とともに子育てをしてきたが、最近夫が入院し、退院のめどは立っていない。貸しビル業による不動産収入があり経済的には支障はない。
Aさんは自宅で子育てをすることを強く決意しており、相談支援事業所に相談に来た。

 1 . 
重度訪問介護に含まれる育児支援の利用を助言する。
 2 . 
母子生活支援施設の利用を助言する。
 3 . 
子どもの障害児通所支援の利用を助言する。
 4 . 
母子のレクリエーションや休養のために、母子休養ホームの利用を助言する。
 5 . 
通所による生活介護を、子どもとともに利用するよう助言する。
この問題の解説(1件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
1

正解は1です。問題文中の「Aさんは障害程度区分4で二肢以上に麻痺があり『歩行』『移乗』『排尿』『排便』のどれもが自立していない」ということ「自宅で子育てしたい」という点がポイントです。Aさんの障害の状況は重度訪問介護の対象者に当てはまります。また、このサービスには育児支援があります。

他の選択肢については以下のとおりです。

2→母子生活支援施設は、児童福祉法第38条に規定されている施設で「配偶者のない女子又はこれに準ずる事情にある女子及びその者の監護すべき児童を入所させて、これらの者を保護するとともに、これらの者の自立の促進のためにその生活を支援し、あわせて退所した者について相談その他の援助を行うことを目的とする施設」とあります。Aさんの「自宅で子育てしたい」という要望に沿ったものではありません。

3→Aさんは障害者ですがAさんのお子さんはこの問題文からは障害を持っているとはいえません。よって該当しないサービスです。

4→母子休養ホームは、母子家庭の家族が、宿泊旅行や休養のために無料または低額の料金で利用することができる施設です。よって、Aさんの状況や目的に合致したものではありません。

5→生活介護事業(通所)は障害者総合支援法に基づき、在宅の方々を対象にした日中活動プログラムを提供するところです。健康の維持を基本に運動や調理、音楽、外出、四季折々の行事やレクリエーションなどの活動を行います。よって、Aさんの状況や目的に合致したものではありません。

2015/03/23 00:27
ID : wpoxudbb
border line
精神保健福祉士国家試験の最新の記事
  • まだ、記事がありません。
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。