過去問.com

第16回(平成25年度) 精神保健福祉士国家試験 保健医療サービス  過去問題 | 無料の試験問題

問題

事例を読んで、後期高齢者医療制度に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

〔事例〕
長い間農業に従事し、現在無職のDさん(80歳、男性)は、認知症を発症し、その治療のため精神科を、その他に耳鼻科、内科を受診している。 Dさんは年金以外の収入はなく、息子夫婦と孫と合わせて5人で生活しており、息子夫婦は共働きの民間企業のサラリーマンで、標準的な所得の家庭である。

 1 . 
Dさんは息子夫婦の被扶養者であるから、後期高齢者医療制度の保険料を負担しなくてよい。
 2 . 
Dさんが医療機関を受診すると、被扶養者なので一部負担金を3割支払うことになる。
 3 . 
Dさんのように治療が多岐にわたるなど、一部負担が一定額を超えた場合、後期高齢者医療制度の一部負担は高額療養費制度の対象となる。
 4 . 
Dさんが死亡しても、後期高齢者医療広域連合は葬祭の給付や葬祭費を支給することはない。
 5 . 
後期高齢者の療養給付には、食事の提供、光熱費や環境に関する生活療養も含む。
この問題の解説(1件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
1

正解は3です。
一般の場合、外来12,000円を超えた分が高額療養費として還付されます。

各選択肢は以下のとおりです。
1→後期高齢者医療制度は対象者全員が被保険者です。そのため保険料を負担しなければなりません。

2→Dさんの場合は年金以外の収入がないため、1割です。

4→葬祭費、葬祭の給付については国民健康保険と同様の扱いで支給されます。

5→施設入所の食事の一部負担金を越えたものについては、入院時生活療養費の支給となります。

2015/03/23 13:41
ID : wpoxudbb
border line
精神保健福祉士国家試験の最新の記事
  • まだ、記事がありません。
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。