過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

精神保健福祉士の過去問「第16145問」を出題

問題

[ 設定等 ]
2010年度(平成22年度)までの「国民医療費の概況」(厚生労働省)に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
   1 .
国民医療費に占める公費負担医療給付分の割合は、過去4年間一貫して減少し続けている。
   2 .
薬局調剤医療費は、過去4年間一貫して減少し続けている。
   3 .
財源別国民医療費では一患者負担は、過去4年問一貫して増加し続けている。
   4 .
制度区分別国民医療費では、医療保険等給付分の次に比率が多いのは、後期高齢者医療給付分である。
   5 .
75歳以上の人口一人当たり国民医療費は、年間100万円を超えている。
( 第16回(平成25年度) 精神保健福祉士国家試験 保健医療サービス )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
8
評価しない

他の選択肢については以下のとおりです。

1→増え続けています。

2→対前年度増減率が+5.5%となっており、こちらも増えています。

3→平成21年度が49,928億円、平成22年度が47,573億円となっており、減少しています。4年間一貫して増加ではありません。

5→年間約90万円です。

詳細は、平成22年度 国民医療費の概況で確認してみてください。
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-iryohi/10/dl/kekka.pdf
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
4
評価しない
1 . × 高齢化に伴い、増加する傾向にあります。 
2 . × 薬局調剤医療費も一貫して増加する傾向にあります。
3 . ×  財源としては、患者負担はむしろ少しずつ軽減する傾向があります。
4 . ○ 医療保険等給付分、後期高齢者医療給付分、公費負担医療給付分、患者負担分の順です。
5 . × 年間100万円を超えるのは、85歳以上です。
評価後のアイコン
評価する
3
評価しない
正解は4です。詳細はこちらより確認できます。www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-iryohi/10/dl/kekka.pdf(平成22年度 国民医療費の概況)

その他の選択肢については、以下のとおりです。
1…増加し続けています。

2…増加し続けています。

3…平成21年度が49905億円、平成22年度には47525億円となり、減少しています。

5…75歳以上の人口一人当たり国民医療費は、年間85万円ほどです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。