過去問.com

第16回(平成25年度) 精神保健福祉士国家試験 保健医療サービス  過去問題 | 無料の試験問題

問題

事例を読んで、がん告知を受けた患者と家族への医療ソーシャルワーカーの対応に関する次の記述のうち、この時点で最も適切なものを1つ選びなさい。

〔事例〕
Eさん(49歳、男性)は、共働きの妻と大学生の子どもの3人暮らしである。 R病院を受診したところ、医師から初期の胃がんの告知を受けて、これから入院・手術の後、抗がん剤治療を開始することになった。外来看護師から医療ソーシャルワーカーに、 Eさんの生活上の相談に乗ってほしいとの連絡があり、面接を行った。
相談内容は、医療費や生活費の収入面と、休職予定の会社での就労継続についての不安であり、相談の様子は冷静であった。

 1 . 
まずEさんに雇用保険の申請を勧める。
 2 . 
Eさんに代わって会社の上司と、今後の仕事の継続について相談する。
 3 . 
今後のEさんの援助方針を検討するために、 Eさんの許可を得て、主治医に治療の見通しや就労制限について確認する。
 4 . 
Eさんは介護保険の対象になるため、要介護認定の申請を勧める。
 5 . 
Eさんは生活困窮に陥るおそれがあるため、生活保護の申請を勧める。
この問題の解説(1件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
1

正解は、3です。Eさんを尊重した支援ができているかどうか、法的制度を利用する場合はほかに優先すべきものがないかどうかが回答の際のポイントになります。

各選択肢については、以下のとおりです。
1→会社は休職予定であり、籍がある状態です。雇用保険の申請をするということは会社を辞めることになります。傷病手当金を利用する方法も考えられます。Eさんの意思を確認するのが先です。

2→実際に仕事をしていたのはEさんなので、自分の体力とできる仕事の状況についてはEさんが一番よく知っています。また、医師による判断も必要です。そのことを考えると行き過ぎた行為です。

4→Eさんは49歳なので介護保険の第2号被保険者です。末期がんは特定疾病ですが、初期のがんは対象外です。利用できない法的制度です。

5→1で述べた傷病手当金の方が優先されます。生活保護になると決めつけるのは尚早です。

2015/03/30 16:55
ID : wpoxudbb
border line
精神保健福祉士国家試験の最新の記事
  • まだ、記事がありません。
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。