過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

精神保健福祉士の過去問「第16156問」を出題

問題

市町村が実施する成年後見制度利用支援事業に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
 1 . 
市町村長申立て以外の場合を、対象とすることはできない。
 2 . 
申立て費用だけでなく、成年後見人等の報酬も対象とすることができる。
 3 . 
高齢者ではない知的障害者及び精神障害者を対象とすることはできない。
 4 . 
「後見」を対象とし、「保佐」「補助」を対象とすることはできない。
 5 . 
社会福祉法における第一種社会福祉事業と位置づけられている。
( 第16回(平成25年度) 精神保健福祉士国家試験 権利擁護と成年後見制度 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
過去問ドットコムは他のページから戻ってきた時、
いつでも続きから始めることが出来ます。

この過去問の解説(3件)

評価する
3
評価しない
正解は2です。「成年後見制度の申立に要する経費(申立手数料、登記手数料、鑑定費用等)及び、後見人等の報酬の全部又は一部」が対象となっています。

他の選択肢については以下のとおりです。

1・3・4→2008年の改正で各選択肢とも認められています。

5→福祉サービス利用援助は第二種社会福祉事業です。
評価後のアイコン
2015/04/06 21:37
ID : wpoxudbb
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解は2です。
助成費用は、成年後見制度の申し立てに要する経費(登記手数料、鑑定費用等)及び後見人等の報酬の全部又は一部とされています。

その他の選択肢については以下のとおりです。

1…申し立てができるのは、本人、配偶者、4親等内の親族、検察官、市町村長などです。

3…知的障害者や精神障害者も対象です。対象者は、障害福祉サービスの利用の観点から成年後見制度を利用することが有用であると認められる障害
者で、成年後見制度の利用に要する費用について補助を受けなければ成年後見制度の利用が困難であると認められる者とされています。

4…「後見」「保佐」「補助」ともに対象です。

5…社会福祉法によると、福祉サービス利用援助事業は、第二種社会福祉事業に規定されています。
評価後のアイコン
2018/03/09 18:20
ID : uqreqzutya
評価する
0
評価しない
1 . × 申し立てができるのは、本人、配偶者、4親等内の親族、検察官、市町村長など です。
2 .  〇
申立て費用だけでなく、成年後見人等の報酬も対象とすることができる。
3 . × 上記の通り、可能です。
4 .  × 「後見」、「保佐」、「補助」とも可能です。
5 .  × 第二種社会福祉事業です。
第一種社会福祉事業~乳児院、母子生活支援施設、児童養護施設、情緒障害児短期支援施設、児童支援施設、特別養護老人ホームなど、生活に直接影響を及ぼす施設、共同募金、生活困難者にお金を貸す事業など。
第二種社会福祉事業~デイサービス事業、などなど(省略します)
評価後のアイコン
2018/02/24 20:07
ID : xjyawcqh
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。