過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

精神保健福祉士の過去問「第18077問」を出題

問題

[ 設定等 ]
アルコール健康障害対策基本法に関する次の記述のうち、正しいものを2つ選びなさい。
   1 .
定義では、妊婦の飲酒等、不適切な飲酒の影響による心身の健康障害も規定している。
   2 .
酒類の定義及び種類を規定している。
   3 .
アルコール健康障害に係る専門病床の整備目標数を規定している。
   4 .
飲酒に起因する危険運転致死傷罪の刑罰を規定している。
   5 .
政府に対し、アルコール健康障害対策推進基本計画の策定義務を規定している。
( 第17回(平成26年度) 精神保健福祉士国家試験 精神保健の課題と支援 )

この過去問の解説 (4件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
14
評価しない
正解は1、5です。

1.アルコール健康障害対策基本法第2条に「この法律において『アルコール健康障害』とは、アルコール依存症その他の多量の飲酒、未成年者の飲酒、【妊婦の飲酒等の不適切な飲酒の影響による心身の健康障害】をいう。」と定義されています。

2.アルコール健康障害対策基本法では、酒類の定義及び種類の規定はありません。

3.アルコール健康障害対策基本法では、アルコール健康障害に係る専門病床の整備目標数は規定されていません。

4.アルコール健康障害対策基本法では、飲酒に起因する危険運転致死傷罪の刑罰は規定されていません。

5.アルコール健康障害対策基本法第12条に「【政府は】、アルコール健康障害対策の総合的かつ計画的な推進を図るため、【アルコール健康障害対策の推進に関する基本的な計画(アルコール健康障害対策推進基本計画)を策定しなければならない。】」という旨が規定されています。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
11
評価しない
正解は、1、5です。

1、正解です。

2、「酒税法」によって飲酒の定義がされています。

3、この記述は、厚生労働省が作成している医療計画で設定されています。

4、この記述は、刑法に規定されているものです。

5、正解です。
評価後のアイコン
評価する
8
評価しない
アルコール健康障害対策基本法は、2013年(平成25年)に成立しました。
1 . ○ 「アルコール健康障害」とは「アルコール依存症その他の多量の飲酒、未成年の飲酒、妊婦の飲酒等、不適切な飲酒の影響による心身の健康障害を言う」
と定義されています。
2 . × 酒類の定義、種類は、「酒税法」で定義されています。
3 . × 依存症の治療は、入院から外来主体へとシフトしています。 
4 . × 犯罪の厳罰化については、刑法関連です。「飲酒に起因する危険運転致死傷罪」は、「自転車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律」に独立して規定されるようになりました。
5 . ○ 政府に対し、「2年以内に、アルコール健康障害対策推進基本計画を策定しなければならない」と規定しています。なお、都道府県に関しては、努力目標にとどめています。
評価後のアイコン
評価する
7
評価しない
正解は1と5です。
第2条で、アルコール健康障害とは、アルコール依存症その他の多量の飲酒、未成年者の飲酒、妊婦の飲酒等の不適切な飲酒の影響による心身の健康障害であると定義づけられています。
また、アルコール健康障害対策推進基本計画の策定義務については第12条に規定されています。

その他の選択肢については以下のとおりです。

2…酒類の定義及び種類は「酒税法」に規定されています。

3…アルコール健康障害に係る専門病床の整備目標数を規定しているのは、厚生労働省の「医療計画」です。

4…飲酒に起因する危険運転致死傷罪の刑罰は、「刑法」に規定されています。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。