過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

精神保健福祉士の過去問「第18127問」を出題

問題

大企業に勤務する営業職のJさん(45歳、男性)は、大学卒業後、仕事の付き合いでほぼ毎日深夜まで飲酒するという生活をずっと続けてきた。しかしこの年で、前夜の記憶を失くすことが増え、接待の席でも酔って失敗するようになった。その度に陳謝し、酒量を控えると宣言するもうまくいかず、とうとう得意先を失いかけるという事態に至った。Jさんは、上司からの勧めで、産業医の診察を受け、アルコール依存症と診断され、病気の存在とその特徴について説明を受けた。
そして、企業内のK精神保健福祉士から専門医療機関や自助グループへの参加の意義の説明と紹介を受けた。

次のうち、Jさんに紹介した資源として、適切なものを2つ選びなさい。
 1 . 
アラノン(Al-Anon)
 2 . 
アルコホーリクス・アノニマス(AA)
 3 . 
ナルコティクス・アノニマス(NA)
 4 . 
断酒会(全断連)
 5 . 
ダルク(DARC)
( 第17回(平成26年度) 精神保健福祉士国家試験 精神保健福祉に関する制度とサービス )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。

この過去問の解説(2件)

評価する
11
評価しない
正解は2、4です。

1.アラノンは、アルコール依存の問題を持つ人の家族会です。当事者であるJさんに紹介する資源としては適切ではありません。

2.AAは、アルコール依存の問題を持つ人の、匿名の自助グループです。

3.NAは、薬物依存の問題を持つ人の、匿名の自助グループです。

4.断酒会は、アルコール依存の問題を持つ人の、自助グループです。AAとは異なり原則実名を公表します。

5.ダルクは、薬物依存の問題を持つ人を対象としたリハビリ施設です。
評価後のアイコン
2016/05/04 11:49
ID : zvpsuvyxmd
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
5
評価しない
✖ 1 . アラノン(Al-Anon) は、アルコール依存症者から影響を受けた家族、友人等の自助グループです。
◎ 2 . アルコホーリクス・アノニマス(AA)は、アルコール依存症の自助グループです。非組織化・匿名性・独立性を徹底しています。
✖ 3 . ナルコティクス・アノニマス(NA)は、薬物依存症者の自助グループです。
◎ 4 . 断酒会(全断連)は、アルコール依存症者の自助グループです。AAに影響を受けながらも日本の風土に合った運営方針を取っています。
✖ 5 . ダルク(DARC)は、薬物依存症の回復を支援するリハビリテーション施設です。
評価後のアイコン
2018/03/24 19:53
ID : xjyawcqh
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。