過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

精神保健福祉士の過去問「第18156問」を出題

問題

[ 設定等 ]
限界集落の概念として次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
   1 .
集落が集落として成り立つ最低限の人口増加率を維持している地域社会のことをいう。
   2 .
過疎化による人口減少の結果、65歳以上の高齢者が過半数を占め、もはや集落を維持していくことが困難な状態にある地域のことをいう。
   3 .
週末や祭礼の際に家族や親族が集まってくる都市近郊の地域のことをいう。
   4 .
都市化によって人口の増加する都市とも、過疎化によって人口の減少する村落ともいえないような地域のことをいう。
   5 .
地方自治体としての基本的な機能が果たせなくなることが、将来にわたって見込まれるような小規模な自治体のことをいう。
( 第17回(平成26年度) 精神保健福祉士国家試験 社会理論と社会システム )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
4
評価しない
正解は2です。

限界集落とは、過疎化による人口減少の結果、65歳以上の高齢者が過半数を占め、もはや集落を維持していくことが困難な状態にある地域のことをいいます。

1.「最低限の人口増加率を維持している」という点が誤りです。

3.限界集落の概念とは関係がありません。

4.過疎化によって人口が減少していく集落が限界集落といえる条件の一つです。

5.小規模かどうかは、限界集落の概念に関係ありません。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正答【2】

限界集落とは、過疎化などで人口の50%以上が65歳以上の高齢者になり、冠婚葬祭などを含む社会的共同生活や集落の維持が困難になりつつある集落のことです。

1.誤答
限界集落は過疎化によって集落が成り立つ最低限の人口の増加率を維持していない地域社会のことです。


2.正答 
過疎化による人口減少の結果、65歳以上の高齢者が過半数を占め、集落を維持していくことが困難な状態にある地域のことをいいます。


3.誤答 
限界集落は、社会的共同生活や集落の維持ができる機能を持つかが重要なため、都市近郊などの地域は関係ありません。


4.誤答
限界集落は、過疎化によって人口が減少する集落です。

5.誤答
限界集落は、自治体内の地域の共同機能維持ができるかどうかによって決まります。自治体の機能が果たせなくなることが将来にわたって見込まれるような小規模な自治体は「消滅可能性都市」とされています。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
限界集落は、過疎化・高齢化によって、共同体を維持することが限界に達している社会のことを言います。

×1 . 集落が集落として成り立つ最低限の人口増加率を維持している地域社会ではありません。

○2 . 過疎化による人口減少の結果、65歳以上の高齢者が過半数を占め、もはや集落を維持していくことが困難な状態にある地域のことをいいます。

×3 . 週末や祭礼の際に家族や親族が集まってくる都市近郊の地域のことではありません。

×4 . 設問の都市とも村落とも言えない地域は、限界集落の定義とは違います。

×5 . 「限界集落」は、地方自治体ではなく、集落における一形態です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。