過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

精神保健福祉士の過去問「第18204問」を出題

問題

[ 設定等 ]
生活保護の種類と内容に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
   1 .
生活扶助は、衣食住その他日常生活の需要を満たすために必要なものを給付する。
   2 .
居宅において生活扶助を行う場合の保護金品は、被保護者に対し個々に交付することを原則とする。
   3 .
住宅扶助は、宿所提供施設を利用する現物給付によって行うことを原則とする。
   4 .
出産扶助は、金銭給付によって行うことを原則とする。
   5 .
医療扶助は、金銭給付によって行うことを原則とする。
( 第17回(平成26年度) 精神保健福祉士国家試験 低所得者に対する支援と生活保護制度 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
7
評価しない
正解は4です。

1.生活扶助は「衣」「食」その他日常生活の需要を満たすために必要なものを給付します。「住」に関するものは住宅扶助で行われます。

2.居宅において生活扶助を行う場合の保護金品は、被保護者に個々に交付されるのではなく、世帯主またはこれに準ずる者に交付されます。

3.住宅扶助は、金銭給付によって行うことを原則とします。

4.出産扶助は、金銭給付によって行うことを原則とします。

5.医療扶助は、現物給付によって行うことを原則とします。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
3
評価しない
正解は4です

1.日常生活の需要を満たすために必要なものを給付するのは、生活扶助でなく現物給付のことを言います。

2.保護金品は、被保護者に対し個々に交付するのではなく、世帯単位の原則のもと、世帯主に交付されます。

3.住宅扶助は、原則金銭給付になります。

4.出産扶助は、記述の通り金銭給付によって行うことを原則としています。

5.医療扶助は、金銭給付ではなく保護者が役所等に申請して医療券を発行してもらいます。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
1. ×
 生活扶助は、日常生活を営むうえで基本的な需要を満たすもの(飲食費、被服費、光熱水費など)であり、一般的な生活費としての基準生活費と、特別な需要を満たす加算からなっています。

2.×
 生活扶助の保護金品は、世帯主又はこれに準ずる者に対して交付しますが、これによりがたいときは、被保護者に対して個々に交付することができます。

3.×
 住宅扶助は、原則として金銭給付で行われます。 世帯主またはこれに準ずるものに給付し、保護施設である宿所提供施設を利用する場合は現物給付となります。

4.○
 出産扶助は、原則として現金給付です。分娩及び分娩前後の処置などの助産にかかわる費用、分娩にともない必要となる一定額内の衛生材料費、病院などの施設において分娩する場合は入院料に要する必要最小限度の額が支給されます。

5.×
 医療扶助は、指定医療機関に委託して行うため、原則として現物給付で行われます。しかし、現物給付することができない、又は適当でない、その他の保護の目的を達成するために必要があるときは、金銭給付によって行うことができます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。