精神保健福祉士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

精神保健福祉士の過去問 第18209問 出題

問題

医療保険の高額療養費制度に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
 1 . 
高額療養費における自己負担額の「世帯合算」では、被保険者と被扶養者の住所が異なっていても合算できる。
 2 . 
高額療養費における自己負担額の「世帯合算」では、家族が別々の医療保険に加入していても合算できる。
 3 . 
高額療養費制度の支給対象には、入院時の「食費」・「居住費」も含まれる。
 4 . 
高額療養費の申請を受け付けた場合、受診した月から少なくとも1か月で支給しなければならない。
 5 . 
高額療養費の支給申請を忘れていても、消滅時効はなく、いつでも支給を申請できる。

この精神保健福祉士 過去問の解説(2件)

評価する
3
評価しない
正解は1です。

1.世帯合算は、被保険者と被扶養者の住所が異なっていても合算できます。

2.世帯合算は、家族が別々の医療保険に加入している場合は合算できません。

3.高額療養費制度の支給対象には、入院時の食費・居住費は含まれません。

4.高額療養費の支給は、申請受付後、3ヶ月以上かかることがほとんどです。少なくとも1ヶ月で支給しなければならないという規定はありません。

5.高額療養費の支給は、診療を受けた月の翌月の初日から2年以内に行わなければなりません。
評価後のアイコン
2016/05/28 19:20
ID : zvpsuvyxmd
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解は1です

1.高額療養費の世帯合算は、被保険者と被扶養者の住所が異なる場合も合算できます。学生が下宿している時などが当てはまります。

2.家族が別々の医療保険に加入している場合は、高額療養費は別会計になります。社会人の子ども等がいる場合に当てはまります。

3.高額療養費は、食事代や差額ベッド代などは自己負担になるため含まれていません。

4.高額療養費の申請を受け付けた場合、医療機関の事務手続きや審査が下りるのに時間がかかるため、1か月で支給されるのは難しいです。

5.高額療養費の支給申請の期限は、診察を受けた翌月から2年までと決められています。
評価後のアイコン
2017/01/15 22:30
ID : ymazmwesj
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。