過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

精神保健福祉士の過去問「第18219問」を出題

問題

[ 設定等 ]
法定後見における補助に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
   1 .
補助開始の審判には、本人の同意は必要とされない。
   2 .
補助の開始には、精神の状況につき鑑定が必要とされている。
   3 .
被補助人は社会福祉士になることができない。
   4 .
補助監督人がいない場合で利益相反するときには、補助人は臨時補助人の選任を請求しなければならない。
   5 .
複数の補助人がいる場合、補助人は共同して同意権を行使しなければならない。
( 第17回(平成26年度) 精神保健福祉士国家試験 権利擁護と成年後見制度 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
5
評価しない
正解は4です。

1.補助開始の審判には、本人の同意を必要とします。

2.補助の開始には、精神鑑定は必要とされていません。

3.成年被後見人、被保佐人は社会福祉士になることはできませんが、被補助人はなることができます。

4.補助監督人がいない場合で利益相反するときには、補助人は臨時補助人の選任を請求しなければなりません。

5.共同して同意権を行使しなければならないのは未成年後見人の場合です。補助人にそのような規定はありません。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
正解は4です

1.補助開始の審判については、本人の同意が必要になります。

2.補助の開始には本人の同意が得られる状態なので、精神鑑定は特に必要ありません。

3.補助人は社会福祉士など国家資格を取得できないという規定はありません。

4.記述の通り、補助監督人がいない場合で利益相反するときには、補助人は臨時補助人の選任を請求する必要があります。

5.複数の補助人がいる場合は、あらかじめ同意見の範囲を決めておく必要があります。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
1.×
 補助開始の審判は、本人、配偶者、4親等以内の親族などの申し立てによってなされますが、本人以外の者が申し立てる場合には、本人の同意が必要です。

2.×
 補助の開始には、精神の状態につき鑑定は必要とされていません。

3.×
 被補助人は社会福祉士になることができます。
 成年被後見人・被保佐人は社会福祉士になることができないとされていましたが、令和元年「成年被後見人等の権利の制限に係る措置の適正化等を図るための関係法律の整備に関する法律」が公布されました。これにより、数多くの法律で規定されていた成年後見人などに係る欠格事項を一律に削除し、資格等にふさわしい能力の有無を個別的・実質的に審査・判断する仕組みへと改められました。

4. ○
 相続手続きにおいて、利益相反が生じる場合、成年後見監督人等がいるときは成年後見監督人等が本人を代理し、成年後見監督人等がいないときは、特別代理人等を選任する必要があります。

5.×
 複数の補助人がばらばらに権限を行使すれば、その間で矛盾や抵触が生じる恐れがあります。また、同じ行為が重複してなされるなどの無駄が生じることも考えられます。したがって、裁判所は、職権で複数の補助人が共同して(一致して)事務を行うべきこと、または事務を分掌してその権限を行使すべきことを定めることができるとされています。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。