過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

精神保健福祉士の過去問「第24526問」を出題

問題

[ 設定等 ]
次の記述のうち、精神保健福祉士が行う支援として、正しいものを1つ選びなさい。
   1 .
退院後生活環境相談員として、医療保護入院患者の地域移行を進める。
   2 .
サービス管理責任者として、精神障害者のサービス等利用計画を作成する。
   3 .
精神保健福祉相談員として、在宅精神障害者の生活介護を行う。
   4 .
相談支援専門員として、精神障害者からの相談に応じて、服薬を調整する。
   5 .
介護支援専門員として、個別支援計画を策定する。
( 第18回(平成27年度) 精神保健福祉士国家試験 精神保健福祉の理論と相談援助の展開 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
12
評価しない
正解は1です。

1:退院後生活環境相談員は、医療保護入院患者の早期の退院に向けての支援(退院後の生活環境の相談や指導も含む)において、中心的な役割を担います。医療保護入院患者1人につき、1人の退院後生活環境相談員を入院後7日以内に選任することとされています。

2:サービス管理責任者は、利用者の「個別支援計画」を策定し、定期的にモニタリングを行いサービス提供及び支援提供の過程全体の責任を担います。「サービス等利用計画」を作成するのは、相談支援専門員です。よって誤りです。

3:精神保健福祉相談員は、保健所や精神保健福祉センターなどに配置され、精神障害者の福祉に関する相談援助や訪問活動などを行います。在宅精神障害者の生活介護を行うのは、指定を受けた事業所などの職員です。よって誤りです。

4:相談支援専門員は、相談支援事業所に配置され、「サービス等利用計画」を作成します。精神障害者からの相談に応じて服薬を調整するのは医師ですので、誤りです。

5:介護支援専門員は、介護保険制度において、要介護者や要支援者の相談に応じて「ケアプラン」を作成し、実施します。「個別支援計画」を策定するのはサービス管理責任者です。よって誤りです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
6
評価しない
正解は1です。

1.退院後生活環境相談員として、医療保護入院患者の地域移行を進めることが、精神保健福祉士が行う支援として適切です。

2.サービス管理責任者は、個別支援計画を策定します。サービス等利用計画を作成するのは、相談支援専門員です。

3.精神保健福祉相談員は、保健所や精神保健福祉センターなどで相談援助や訪問活動を行います。生活介護は行いません。

4.相談支援専門員は、服薬調整を行うことはありません。服薬調整は医師が行います。

5.介護支援専門員は、個別支援計画を策定しません。個別支援計画を策定するのはサービス管理責任者です。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
正解は1です。

1.退院後生活環境相談員は、退院に向けた取り組みを行い、退院支援委員会を開催し、医療保護入院患者の地域移行を進める支援を行います。

2.サービス管理責任者は、利用者の個別支援計画を策定し、定期的にモニタリングを行います。

3.精神保健福祉相談員は、相談援助や訪問活動を行います。生活介護は行いません。

4.相談支援専門員は、服薬調整は行いません。

5.介護支援専門員の業務は、ケアプランの作成です。個別支援計画を策定するのはサービス管理責任者です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。