過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

精神保健福祉士の過去問「第24547問」を出題

問題

Q市には「障害者総合支援法」に基づく協議会があり、相談支援に関する専門部会を設置している。その会議で、Q市で生活している精神障害者が週末に集える場を新たに作る必要があるとの意見が出された。そこで、市内の関係する事業所の利用者を対象とする質問紙調査を実施することになった。

次の記述のうち、調査の倫理的配慮として、正しいものを1つ選びなさい。
 1 . 
調査の依頼文書に、Q市で生活している精神障害者のニーズを把握し、社会資源開発に活用するなどの調査目的を記載する。
 2 . 
匿名性を確保するため、調査票に回答者のイニシャルを記入してもらう。
 3 . 
関係機関に対し、調査に関する相談があったときには、調査協力を拒否した場合に生じる不利益について説明するよう依頼する。
 4 . 
調査結果を入力したデータは、協議会での情報共有を図るため、誰でも内容を確認できる場所で保管する。
 5 . 
調査終了後、協議会で活用するため個票の二次利用を行う。
( 第18回(平成27年度) 精神保健福祉士国家試験 精神保健福祉に関する制度とサービス )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。

この過去問の解説(3件)

評価する
5
評価しない
正解は1です。

1.依頼文書に調査目的を記載することは、正しい倫理的配慮です。

2.イニシャルの記入は匿名性の確保になりません。

3.調査協力を拒否した場合に生じる不利益についてではなく、不利益が生じないことを説明する必要があります。

4.事例において、情報共有の範囲は協議会までと考えられるため、誰でも内容を確認できる場所でデータを保管することは正しくありません。

5.調査終了後の二次利用は、協議会で活用するためであっても、倫理的配慮として適しているとはいえません。
評価後のアイコン
2017/12/29 11:40
ID : zvpsuvyxmd
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
4
評価しない
正解は1です。

1:調査を依頼する場合、調査の目的や調査結果をどのように活用するかなどの趣旨を調査対象者へ知らせる事は重要な倫理的配慮です。よって正解です。

2:イニシャルから個人を特定できてしまう可能性があります。調査対象者のプライバシーの保護は、十分に配慮しなければなりません。よって誤りです。

3:調査への協力は、自由意志によるものでなくてはなりませんので、調査協力を拒否することで不利益があってはなりません。よって誤りです。
さらに、調査へ協力した対象者が不利益を被らないような配慮も必要です。

4:調査データは、安全に管理しなければなりません。データを誰でも閲覧できたり、外部へ持ち出されたりすると、調査対象者の情報が漏れ、対象者のプライバシーの侵害へとつながることも考えられます。よって誤りです。

5:調査のデータは、あくまでも当該社会調査のみに使用されるべきです。個票の二次利用は、倫理的に大きな問題となります。よって誤りです。
評価後のアイコン
2018/02/10 11:18
ID : kmnzragw
評価する
4
評価しない
1.質問紙調査では、相手に調査の意図を理解してもらい、調査の結果を知りたければ伝えることが配慮として求められます。

2.回答のみの記入により、匿名性が確保できます。

3.調査協力を拒否した場合でも、不利益は生じないことを伝えなければなりません。

4.誰でも確認できる場所では、データ保管の安全性は確保できません。

5.個票の二次利用は、プライバシー保持のため行いません。
評価後のアイコン
2017/08/10 13:11
ID : jftxxzarqp
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。