過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

精神保健福祉士の過去問「第24579問」を出題

問題

[ 設定等 ]
社会問題の捉え方に関する次の記述のうち、構築主義的なアプローチとして、正しいものを1つ選びなさい。
   1 .
社会がどうあるべきかについては、多くの人々に共有されている規範が存在するので、これに反するものが社会問題と認識される。
   2 .
社会は統一されたシステムを成しているので、その目標達成にとってマイナスに働く事象は、社会問題と認識される。
   3 .
社会問題とは、客観的に実在し、誰の目にも明らかな現実として存在するものである。
   4 .
社会問題とは、専門家でなければ可視化できないような、現代社会におけるリスクのことである。
   5 .
社会問題とは、自明なものとして存在するのではなく、人々が主張することを通して認識される問題である。
( 第18回(平成27年度) 精神保健福祉士国家試験 社会理論と社会システム )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
4
評価しない
正解は5です。

1:規範とは行動や判断の基準となる手本やモデルのことです。多くの人々に共有されている規範から外れることを社会問題として認識する考えは「規範主義アプローチ」です。よって誤りです。

2:社会は統一された社会システムを有し、その中での目標達成を良しとします。社会システムの目標達成にマイナスに働く事象を社会問題と認識する考えは「機能主義アプローチ」です。よって誤りです。

3:社会問題が客観的に実在し、誰の目にも明らかな現実として存在するという考えは「本質主義アプローチ」です。客観的に実在する社会問題は、たやすく変化しにくい本質が備わっているという考え方です。よって誤りです。

4:社会問題は、専門家でなければ可視化できない(見えるようにできない。把握できない。)ような現代社会のリスクのことである。は「リスク社会論」の説明です。よって誤りです。

5:社会問題は、自明なものとして存在するのではなく、人々の主張を通して認識される問題と捉えるのは「構築主義アプローチ」です。よって正解です。
「構築主義アプローチ」では、ある人々がある事がらを、社会問題だと主張した時、その主張が一般に認められればそれが社会問題となります。




評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解は5です。

1.構築主義的なアプローチでは、多くの人々に共有されている規範に反すれば社会問題であるという考え方はせず、主張することを通じて認識されるものが社会問題と考えます。

2.社会システムの目標達成と社会問題とは関係ありません。

3.社会問題には、主観的なものも含まれます。

4.専門家でなくても現実として認識される問題があれば、社会問題といえます。

5.社会問題とは、自明なものとして存在するのではなく、人々が主張することを通じて認識される問題といえます。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
社会構築主義は、現実は人間関係の中で解釈し認識され、再生産されていくものととらえます。


1、規範に反するものを社会問題ととらえるのは、規範主義の考え方です。

2、社会システムをなしているのでその目標達成にマイナスに働くと捉えるのは、機能主義的な考え方です。

3、誰の目にも明らかな現実としてとらえるのは、本質主義的な考え方です。

4、専門家でなければ可視化できないようなリスクととらえるのは、構築主義的なものとはいえません。

5、個人や集団が主張を通して作られていくというのは、構築主義的な考え方です。

以上のことから、正解は5です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。