過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

精神保健福祉士の過去問「第24583問」を出題

問題

[ 設定等 ]
福祉サービス利用者のニーズに関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。
   1 .
政府による資源配分では、ニーズ原則が貫かれている。
   2 .
ニーズの質や水準にかかわりなく、サービスに定額の負担を課すことを、普遍主義という。
   3 .
ニーズ充足の評価には、主観的評価も含まれる。
   4 .
サービス情報が公開されていれば、ニーズが潜在化することはない。
   5 .
その人の主観的な欲求が表現されたもの以外は、ニーズとはみなせない。
( 第18回(平成27年度) 精神保健福祉士国家試験 現代社会と福祉 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
6
評価しない
正解は3です。

ニーズとは、必要や要求のことです。対象となる人が、どのような社会資源やサービスを求めているのかを示します。


1:ニーズに基づいて必要性の高い人へ多くの資源やサービスを配分する考え方を「必要原則」(ニーズ原則)といい、その人の貢献の程度に応じてより多く貢献した人へ多くの資源やサービスを配分する考え方を「貢献原則」といいます。政府による資源配分では、ニーズ原則のみが貫かれているのではなく、貢献原則に沿った配分もされます。よって誤りです。

2:普遍主義とは、ニーズの質や水準にかかわりなく、資力調査も行わず(所得や資産などに関係なく)資源やサービスを配分することです。よって誤りです。

3:ニーズの充足の評価では、客観的評価だけではなく、利用者本人がどのように感じているかのような主観的評価も大切です。よって正解です。

4:サービスの情報が公開されていても、本人がニーズを自覚していない場合や、何らかの事情で本人がニーズを表明できない場合は、ニーズが潜在化してしまうことがあります。よって誤りです。

5:ブラッドショーによると、その人の主観的な欲求が表現されたニーズを「表明されたニーズ」と分類し、それ以外に、「規範的ニーズ」(専門職などが社会的規範に基づき判断)「比較ニーズ」(サービスの利用者と利用していない者を比較して判断)「感得されたニーズ」(本人が自覚しているがまだ表明されていないニーズ)の分類をしています。よって誤りです。





評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
3
評価しない
正解は3です。

1.政府による資源配分のなかには、必要であるかないかに関わらず一律に配分されるものもあるため、適切とはいえません。

2.普遍主義とは、ニーズの質や水準にかかわりなく、サービスを提供することで、定額の負担を課すことではありません。

3.ニーズ充足の評価には、主観的評価も含まれます。

4.サービス情報が公開されていても、その情報にたどり着けない人や、そもそもニーズを自覚していない人もいるため、ニーズが潜在化することはあります。

5.主観的な欲求以外にも、規範的なものや、比較して必要といえるものもニーズとして存在します。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
正解は3です。

1→政府による資源配分は、サービス利用者のニーズの有無に拠らない場合もあります。ニーズが必ずあるというわけではありません。

2→普遍主義は、ニーズがあれば資源を供給することになる考え方です。負担を課すものではありません。

3→ニーズ充足の評価には、主観的評価も含まれます。福祉サービスを利用して、利用前より自らの生活がよいものになったかを評価していきます。

4→サービス情報が公開されていても、自分のニーズに気づけていない人もいます。潜在化とは表面上わからない状態という意味です。

5→表面化された主観的な欲求に加え、規範的ニーズ、比較ニーズというものもあります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。