過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

精神保健福祉士の過去問「第24631問」を出題

問題

[ 設定等 ]
医療法に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
   1 .
市町村は、医療機関に関する医療機能情報を集約し、住民に提供する。
   2 .
退院療養計画書には、患者の退院後の療養に必要な保健医療又は福祉サービスに関する事項が記載されている。
   3 .
入院診療計画書には、リハビリテーションに関する事項は含まれていない。
   4 .
医療に係る安全管理のための委員会の開催は、無床診療所にも義務づけられている。
   5 .
医療計画における医療の確保に必要な事業の中に、災害時における医療は含まれていない。
( 第18回(平成27年度) 精神保健福祉士国家試験 保健医療サービス )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
5
評価しない
正解は2です。

1.医療機関に関する医療機能情報を集約し、住民に提供するのは、都道府県です。

2.退院療養計画書には、患者の退院後の療養に必要な保健医療や福祉サービスに関する事項が記載されています。

3.入院診療計画書には、リハビリテーションに関する事項も含まれています。

4.無床診療所には、医療に係る安全管理のための委員会の開催は義務づけられていません。

5.医療計画における医療の確保に必要な事業の中には、災害時における医療も含まれています。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
3
評価しない
正解は2です。

1:医療法では病院等に対して、医療を受ける者が病院等の選択を適切に行うために必要な情報(医療機能情報)について、都道府県への報告を義務付けています。都道府県へは、その情報(医療機能情報)を集約し、わかりやすく住民へ提供するようにと規定しています。医療機能情報の集約・提供は、市町村ではなく都道府県が担う役割です。よって誤りです。

2:退院療養計画書には、患者の退院後の療養に必要な保険医療、福祉サービスに関する事項が記載されますので正解です。

3:入院診療計画書は、医師や看護師などが立案した治療及びケアについての計画書です。入院時の指導、検査項目、治療の計画と目標、ケアや処置の内容、リハビリテーションの計画などが記載されています。よって誤りです。

4:医療安全管理委員会の設置は、無床診療所や歯科診療所への義務付けはありませんので誤りです。
無床診療所や歯科診療所では責任者の設置でも良いこととなっています。

5:医療計画とは、都道府県における医療提供体制の確保を図るために都道府県が策定します。その医療の確保に必要な事業として、救急医療、へきちの医療、周産期医療、小児医療、災害時における医療が含まれています。よって誤りです。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
正解は2です。

1→医療機関に関する医療機能情報を集約し、住民に提供するのは都道府県の役割です。

2→退院療養計画書には、患者の退院後の療養に必要な保健医療又は福祉サービスに関する事項が記載されています。

3→入院診療計画書は、入院する患者の病名、症状、治療計画、検査・手術の内容・日程、推定される入院期間などを記載した書面のことをいいます。リハビリテーションに関する事項も含まれます。

4→無床診療所にも義務づけられているのは、医療安全管理指針です。委員会については義務づけられていません。

5→医療計画における医療の確保に必要な事業の中に、災害時における医療は含まれてます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。