精神保健福祉士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

精神保健福祉士の過去問 第24633問 出題

問題

救急医療の場面において、医療ソーシャルワーカーが医療ソーシャルワーカー業務指針にのっとって行う業務に関する次の記述のうち、適切なものを2つ選びなさい。

(注)医療ソーシャルワーカー業務指針は、平成14年11月29日に改定されたものである。(厚生労働省健康局長通知)
 1 . 
患者の身元が不明な場合には、警察に通報する義務がある。
 2 . 
患者が医療費の支払いに困窮している場合には、福祉、保険等関係諸制度を活用できるように援助する。
 3 . 
患者が医療上の指導を受け入れない場合には、その理由となっている心理的・社会的問題の解決に向けて援助を行う。
 4 . 
継続治療が必要な場合には、同一病院での入院を推奨する。
 5 . 
家族が混乱している場合には、治療内容を説明する。

この精神保健福祉士 過去問の解説(1件)

評価する
0
評価しない
正解は2、3です。

1.医療ソーシャルワーカー業務指針において、警察への通報義務は記載されていません。

2.患者が医療費の支払いに困窮している場合には、福祉、保険等関係諸制度を活用できるように援助することが書かれています。

3.患者が医療上の指導を受け入れない場合には、その理由となっている心理的・社会的問題の解決に向けて援助を行うことが書かれています。

4.継続治療が必要な場合であっても、患者のニーズをふまえた対応を行うことが望ましいといえます。

5.治療内容の説明は医師が行います。その説明を援助、補助する場合であっても家族の混乱が落ち着くのを待って説明することが望ましいといえます。
評価後のアイコン
2017/09/22 05:46
ID : zvpsuvyxmd
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。