過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

精神保健福祉士の過去問「第25710問」を出題

問題

日本のソーシャルワークの形成過程に関する人物と事項の組合せとして、正しいものを1つ選びなさい。
 1 . 
仲村優一 ----- 生活臨床
 2 . 
浅賀ふさ ----- 医療ソーシャルワーク
 3 . 
竹内愛二 ----- 社会事業と精神衛生
 4 . 
村松常雄 ----- 治療共同体
 5 . 
窪田暁子 ----- 福祉文化論
( 第19回(平成28年度) 精神保健福祉士国家試験 精神保健福祉相談援助の基盤 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。

この過去問の解説(2件)

評価する
3
評価しない
正解は2です。

1.仲村優一は、機能主義(機能的アプローチ)の理論を紹介しました。

2.浅賀ふさは、医療ソーシャルワークの先駆けとなりました。

3.竹内愛二は、診断主義(心理社会的アプローチ)の考え方を紹介しました。

4.村松常雄は、精神科ソーシャルワーカーにいち早く着目し、国立病院で最初の医療社会事業部門を設置し、社会事業婦を配置しました。

5.窪田暁子は、日本におけるグループワークの礎を築きました。
評価後のアイコン
2017/10/05 06:01
ID : zvpsuvyxmd
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
×1 . 仲村優一 は、 「公的扶助とケースワーク」の作者です。生活臨床は、統合失調症についての精神医療の手段です。

〇2 . 浅賀ふさ は、 アメリカでソーシャルワークを学び、昭和4年に聖路加病院で日本初の医療ソーシャルワーカーとして働いた人物です。

×3 . 竹内愛二 は、 日本初のケースワークの理論「ケースウォークの理論と実際」を記した人物とのことで、「社会事業」については、賀川豊彦ら、 「精神衛生」については、村松常雄が挙げられます。

×4 . 村松常雄 は、国立国府台病院の元院長であり、精神衛生における貢献者です。「治療共同体」は、1950年代にアメリカのジョーンズが提唱した概念で、精神科病院の管理主義に対して病院の前環境を治療手段として用いる手法です。

×5 . 窪田暁子 は、アメリカに留学してコノプカにグループワークを学んだ人物です。「福祉文化論」は、福祉の文化を求め探求されたテーマであり、一番ケ瀬康子らが有名です。
評価後のアイコン
2018/06/11 18:17
ID : xjyawcqh
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。