過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

精神保健福祉士の過去問「第25713問」を出題

問題

精神保健福祉士が行う相談援助活動に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
クライエントが参加するセルフヘルプグループの活性化を図るために、グループの管理運営を主導する。
 2 . 
クライエントが抱えている生活課題を解決するために、プロセスよりも結果を重視した支援を行う。
 3 . 
クライエントの生活障害の程度を見極めるために、その生活障害を固定的なものとして捉えたアセスメントを行う。
 4 . 
クライエントの病気がストレスにより再燃することを防止するために、コーピングスキルの獲得を支援する。
 5 . 
クライエントの主体性を尊重するために、人間関係や社会との関係ではなくクライエント個人に視点を絞った支援を行う。
( 第19回(平成28年度) 精神保健福祉士国家試験 精神保健福祉相談援助の基盤 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。

この過去問の解説(2件)

評価する
6
評価しない
正解は4です。

1.セルプヘルプグループは、当事者が主体となって行うものです。活性化も含めてグループの管理運営を精神保健福祉士が主導することは望ましくありません。

2.結果だけでなく、クライエントが決定にかかわるプロセスを重視した支援を行うことが大切です。

3.アセスメントでは、生活障害やニーズを固定的なものととして捉えるのではなく、継続的に変化し発展するものとして捉えることが必要です。

4.コーピングスキルとはストレスに対処する能力のことです。クライエントの病気がストレスにより再燃することを防止するために、コーピングスキルの獲得を支援することは、適切な相談援助活動です。

5.支援にあたっては、クライエント個人だけでなく、人間関係や社会との関係にも視点をもつことが必要です。
評価後のアイコン
2017/10/07 09:37
ID : zvpsuvyxmd
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
3
評価しない
×1 . セルフヘルプグループの活性化を図るために、グループの管理運営を主導するよりは、側面からグループの力動や相互作用を高める働きをします。

×2 . クライエントが抱えている生活課題を解決することは大切ですが、結果を出すというよりは、本人の意思決定を大切に、プロセスを見守りながら支援します。

×3 . 精神障害の場合、環境や本人の病状などが流動的なものなので、「固定的なものとして捉えたアセスメント」は不適切です。

〇4 . コーピングスキルとは、ストレスを感じた時にどう対処するかということです。例えば、つらいことがあったとき、「酒を飲む」、「気晴らしをする」、「問題を解決する努力をする」というコーピングの方法があります。(結果的に良い結果をもたらすことも、悪い結果をもたらすこともあります。)精神保健福祉士は有効なコーピングスキルの習得を支援します。

×5 . クライエントの主体性を尊重しますが、クライエント個人に視点を絞った支援のみならず、人間関係や社会との相互作用についても着目し、適応のための方法を考えて支援します。
評価後のアイコン
2018/06/11 22:27
ID : xjyawcqh
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。