過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

精神保健福祉士の過去問「第25715問」を出題

問題

[ 設定等 ]
次の記述のうち、精神障害者の権利擁護を行う際の調整機能の説明として、正しいものを1つ選びなさい。
   1 .
クライエントのニーズと制度を結び付けるために、仲介・媒介することである。
   2 .
法制度の改正・改革に向けた活動や、新たなサービスづくりを行うことである。
   3 .
クライエント自身に、自らのニーズと権利に気付きをもたらすことである。
   4 .
自分の権利主張が難しい状況にあるクライエントを支援することである。
   5 .
多様な立場の人々に対して、精神障害に関する理解を求めることである。
( 第19回(平成28年度) 精神保健福祉士国家試験 精神保健福祉相談援助の基盤 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
14
評価しない
正解は1です。

1.クライエントのニーズと制度を結び付けるために、仲介・媒介することは、精神障害者の権利擁護を行う際の調整機能といえます。

2.法制度の改正・改革に向けた活動や、新たなサービスづくりを行うことは、変革の機能です。

3.クライエント自身に、自らのニーズと権利に気付きをもたらすことは、発見の機能です。

4.自分の権利主張が難しい状況にあるクライエントを支援することは、仲介的な弁護機能です。

5.多様な立場の人々に対して、精神障害に関する理解を求めることは、対決の機能です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
6
評価しない
権利擁護(アドボカシー)とは、利用者の権利やニーズを充足するために、弁護・擁護を行うことです。

〇1 .クライエントがサービスを受けられるように、ニーズと制度を結び付けるために、仲介・媒介することは、権利擁護の「調整」機能です。

×2 .法制度の改正・改革に向けた活動や、新たなサービスづくりを行うことは、「権利擁護における変革」の機能です。

×3 . クライエント自身に、自らのニーズと権利に気付きをもたらすことは、権利擁護における「発見」の機能です。

×4 . 自分の権利主張が難しい状況にあるクライエントを支援することは、「ケースアドボカシー」で、情報提供や意思決定などを援助します。

×5 .多様な立場の人々に対して、精神障害に関する理解を求めることは、理解促進・啓発事業に当たります。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
1、この記述は、調整機能を表しています。社会資源を活用し、クライアントのニーズに沿う状況を作り出す機能です。

2、この記述は、変革を表しています。新たなサービスや資源を作り出す機能で、ソーシャルアクションとも呼ばれます。

3、この記述は、発見機能を表します。クライエント自身のニーズや権利に気づきをもたらす機能です。

4、この記述は、代弁機能を表します。自らの権利を主張することが難しい場合に支援する機能です。

5、この記述は、教育・啓発機能を表します。多様な立場の人に対して障害の理解を求める機能です。

以上から、正解は1です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。