過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

精神保健福祉士の過去問「第25737問」を出題

問題

[ 設定等 ]
次の事例を読んで、問いに答えなさい。

〔事 例〕
P市の保健福祉センターに勤務するJ精神保健福祉相談員(精神保健福祉士)の下に、Kさん(18歳、男性)の母親が相談に訪れた。一人息子のKさんが大学に入学したものの、「大学に行く気になれない」と言って自室にひきこもるようになったという。母親が大学に行くように言っても、Kさんは、「構わないでほしい」と言うばかりで、何度も言うとイライラして声を荒げるため、らちが明かない。父親は、「お前が甘やかして育てたから、弱い性格になってしまった。放っておけばよい」と言うので、夫婦で言い合いが繰り返された。母親は相談できる相手もいなく途方に暮れていたところ、たまたまP市の広報で精神保健相談について知ったという。母親によると、Kさんは元々人との交流が苦手で友達は少なく、家で読書をして過ごすことが多かった。中学生の頃には同級生にいじめられたと言って登校できない時期があった。今回は大学を休み始めた直後、「初日のガイダンスの時、どの教職員も自分の方だけを見て話をした。教職員と学生が話し合っている内容や素振りから、みんなが共謀して自分のことを監視していることが分かる」と話した。こうしたことから、母親はKさんがこのまま大学に行けなくなるのではないかと、とても心配し、最近は夜もよく眠れないほどであるという。
(※1)

J精神保健福祉相談員は母親からさらに詳しく事情を聞いた上で、今後の対応について提案を行った。
(※2)

その翌日の午後、母親からJ精神保健福祉相談員に電話があった。「私が昨日保健福祉センターに相談に行ったことを息子が知り、『自分のことを相談するなんて聞いていなかった。どんな相談をしたのか』と強く聞いてくるのです。私はうまく答えられなくて困ってしまったので電話しました。今、息子が私のそばにいるので直接話してほしい」と依頼された。
(※3)


(※1)の時点で、J精神保健福祉相談員が最も留意すべきこととして、適切なものを1つ選びなさい。
   1 .
Kさんが対人関係のストレスから不登校を繰り返す人であること。
   2 .
Kさんが精神疾患に罹患している可能性があること。
   3 .
母親の過保護がもたらした親子関係の問題があること。
   4 .
Kさんが大学に通学しないことで顕在化した夫婦の問題があること。
   5 .
Kさんが大学に通学しないことに対し、母親が過剰に反応していること。
( 第19回(平成28年度) 精神保健福祉士国家試験 精神保健福祉の理論と相談援助の展開 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
7
評価しない
正解は2です。

最初の相談の段階で、最も留意すべきことは、Kさんが現時点で精神疾患に罹患している可能性があることです。過去の経緯や家庭環境に留意することも大切ですが、本人の状態把握が最優先といえます。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
4
評価しない
×1 . Kさんは、人との交流が苦手で友達は少ないこと、同級生にいじめられて登校できなかった時期があるとあるが、ストレスで不登校を繰り返すという情報は確認できていません。登校できなかったのはどのくらいの長さか。繰り返されたのか、などの記載もありません。

〇2 . Kさんが大学を休み始めた直後の話しなど、注察妄想などの被害妄想が推察され、統合失調症などの可能性があります。精神疾患の場合は、医療につなげていく必要があり、特に気を付けるべきです。

×3 . 引きこもりや不登校などは、親子関係の問題がある場合もあります。しかし、このケースでは断定的に考えられるものではなく、本人の資質や、精神疾患の発症の可能性など、多角的に考え、援助していくことが望まれます。

×4 . Kさんが大学に通学しないことで、夫婦の言い合いがあるとあります。ただし、だからと言って夫婦の問題が顕在化したとはいいがたいです。精神保健福祉相談員としては、むしろ夫婦それぞれがKさんをめぐって悩んでいる気持ちに共感し、問題をなんとかしようとしている姿勢を評価し、徐々に母親とのラポールを構築していくことが望ましいです。

×5 . 母親が精神的にまいっているようですが、過剰に反応しているかどうかは判断できません。Kさんの妄想的な発言もあり、不安はあるでしょう。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。