過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

精神保健福祉士の過去問「第25796問」を出題

問題

[ 設定等 ]
自殺対策基本法に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
   1 .
精神保健的観点から自殺対策を強化することが、優先的課題とされている。
   2 .
自殺対策を、生きることへの包括的な支援として捉えている。
   3 .
国は地方公共団体の自殺対策に関与してはならないとされている。
   4 .
自殺予防に関し、保健所が一元的に担うこととされている。
   5 .
自殺未遂者への支援として、就労支援施策を実施することが義務づけられている。
( 第19回(平成28年度) 精神保健福祉士国家試験 現代社会と福祉 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
5
評価しない
正解は2です。

1.第二条の3に「単に精神保健的観点からのみならず、自殺の実態に即して実施されるようにしなければならない」と規定されています。

2.自殺対策について、生きることの包括的な支援として実施されなければならないことが、第二条に記されています。

3.第三条の3に「国は、地方公共団体に対し、前項の責務が十分に果たされるように必要な助言その他の援助を行うものとする」と規定されています。

4.自殺予防は、国や地方公共団体が関係者と連携や協力を行いながら行うことになっています。

5.「自殺対策は、保健、医療、福祉、教育、労働その他の関連施策との有機的な連携が図られ、総合的に実施されなければならない」という規定はありますが、就労支援施策を実施することについては規定されていません。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
×1 . 同法では、「自殺は多様かつ複合的な原因及び背景を有するものであることを踏まえ、単に精神保健的観点からのみならず、自殺の実態に即して実施されるようにしなければならない」と規定されています。

〇2 . 同法では、自殺対策を、生きることへの包括的な支援として捉えています。

×3 . 国は地方公共団体の自殺対策に対してその責務を果たすよう必要な助言その他の援助を行うこと、と規定されています。

×4 . 自殺対策は、「保健、医療、福祉、教育、労働その他の関連施策との有機的な連携を図り、総合的に実施されなければならない」と規定されています。保健所が一元的に担うことではないです。

×5 . 自殺未遂者への適当な支援は必要ですが、必ずしも就労支援施策を実施することが義務づけられているわけではありません。
評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
1.誤り。自殺対策基本法 第二条3 《略》単に精神保険的観点のみならず自殺の実態二足して実施されなければならないと明記されています。

2.正しい。自殺対策基本法 第二条1 生きることの包括的支援として全ての人がかけがえのない個人として尊重されると明記されています。

3.誤り。自殺対策基本法 第3条 国及び地方公共団体の責務 の中で「地方公共団体は国と協力しつつ」と明記されています。

4.誤り。「保健所が一体的に担う」とは自殺対策基本法の中で明記されていません。

5.誤り。自殺未遂者へ就労支援施策を実施することは義務づけられていません。自殺未遂者は精神疾患を抱えていることが多いため、身体・精神ケア、再発防止、社会復帰という段階を経て支援していきます。

よって選択肢2が正解となります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。