過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

精神保健福祉士の過去問「第25808問」を出題

問題

[ 設定等 ]
災害時における支援に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
   1 .
災害救助法が適用される災害において被災し、当座の生活費を必要とする世帯に対しては、生活福祉資金の緊急小口資金の特例貸与が実施される。
   2 .
災害ボランティアセンターは、災害救助法の規定により、社会福祉協議会が設置することとされている。
   3 .
共同募金会の呼び掛けにより集められた災害義援金は、全て被災自治体の復興事業に充てられている。
   4 .
生活支援相談員は、被災者生活再建支援法の規定により配置されることとされている。
   5 .
福祉避難所は、要配慮者とその家族・支援者だけではなく一般の被災者も同時に受け入れることとされている。
( 第19回(平成28年度) 精神保健福祉士国家試験 地域福祉の理論と方法 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
5
評価しない
正解は1です。

1.災害救助法が適用される災害において被災し、当座の生活費を必要とする世帯に対しては、生活福祉資金の緊急小口資金の特例貸与が実施されます。

2.災害救助法に災害ボランティアセンターは規定されていません。

3.災害義援金は全て被災者に届けられます。被災自治体の復興事業に充てられるのは支援金です。

4.被災者生活再建支援法に、生活支援相談員の規定はありません。

5.福祉避難所には、一般の避難所で生活が困難な人が利用します。一般の被災者は一般の避難所を利用することになります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
1.正しい。説明文の通りです。

2.誤り。災害ボランティアセンターは行政、災害ボランティア、NGOなどが設置運営しています。
社協が設置しなければならないという記載はありません。

3.誤り。
義援金:被災地の人に直接分けられる。
支援金:NPO法人や支援団体に届けられます。

4.誤り。被災者生活再建支援法には職員配置については書かれていません。

5.誤り。福祉避難所は高齢や疾病の為に特別な配慮が必要な人の為の避難所です。
一般の被災者は利用が出来ません。

以上により選択肢1が正解となります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。