過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

精神保健福祉士の過去問「第25815問」を出題

問題

[ 設定等 ]
福祉計画等の策定に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
   1 .
市町村障害者計画と市町村障害福祉計画は、一体のものとして策定されなければならない。
   2 .
市町村は、市町村障害福祉計画を定めたときは、厚生労働大臣に提出しなければならない。
   3 .
市町村は、市町村老人福祉計画と市町村介護保険事業計画のうち、いずれか一つを策定すればよい。
   4 .
市町村子ども・子育て支援事業計画は、都道府県知事の定める基本指針に即して策定される。
   5 .
都道府県介護保険事業支援計画は、医療計画との整合性の確保が図られたものでなければならない。
( 第19回(平成28年度) 精神保健福祉士国家試験 福祉行財政と福祉計画 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
8
評価しない
正解は5です。

1.市町村障害者計画と市町村障害福祉計画は、調和が保たれたものでなければなりません。

2.市町村は、市町村障害福祉計画を定めたときは、都道府県知事に提出しなければなりません。

3.市町村は、市町村老人福祉計画と市町村介護保険事業計画の両方を、一体のものとして策定しなければなりません。

4.市町村子ども・子育て支援事業計画は、「現在の利用状況」や「今後の利用希望」を踏まえて策定されます。

5.都道府県介護保険事業支援計画は、医療計画との整合性の確保が図られたものでなければなりません。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
4
評価しない
1.誤り。厚生労働省ホームページ内「障害福祉計画 障害保健福祉サービスの計画的な整備」によると
2つの計画は調和が保たれたものでなければなりません、と記載されています。

2.誤り。市町村障害福祉計画は国の基本指針に即して作成。都道府県の意見を聞いて、都道府県に提出します。

3.誤り。2つの計画は、それぞれ策定義務があります。

4.誤り。国は基本指針を策定し市町村は基本指針をもとに子ども子育て支援事業計画を策定します。

5.正しい。医療計画と都道府県介護保険事業支援計画は両計画の整合性を確保し医療介護の提供体制を整備することを明記しています。

以上により選択肢5が正解となります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。