過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

精神保健福祉士の過去問「第33603問」を出題

問題

[ 設定等 ]
高齢者に多くみられる病態に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
   1 .
脱水になると、脈拍が少なくなる。
   2 .
老人性難聴では、低音領域から聴力が低下する。
   3 .
甲状腺機能低下症は、浮腫の原因となる。
   4 .
栄養過多は、褥瘡の発生要因になる。
   5 .
葉酸が不足すると、味覚障害が生じる。
( 第20回(平成29年度) 精神保健福祉士国家試験 人体の構造と機能及び疾病 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
18
評価しない
正答は「3」です。

1. 脱水症状になると、全身の血液量が減少します。そうすると細胞への酸素量を補おうと、心臓は収縮回数を増やすので脈拍数が増加し、いわゆる頻脈になります。選択肢とは逆になります。

2. 老人性難聴では高音領域から聴覚が低下します。難聴の高齢者と話す時、高い声よりも低い声で話す方が伝わり易いのはこのためです。

3. 正解です。甲状腺機能低下症は、全身のエネルギー利用を促す甲状腺ホルモンの分泌量が減少する病気です。全身の活動が低下し、倦怠感や無力感があったり、低体温になったりします。皮膚の活動低下で発汗が減少するので、浮腫みやすくなります。

4. 設問とは逆です。栄養不良・低栄養状態が褥瘡の要因となります。多くの場合、長期にわたる摂食不良によって引き起こされます。

5. 味覚障害は亜鉛不足により生じます。これも長期にわたる摂食不良が背景にあると考えられます。葉酸の不足は貧血を引き起こします。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
3
評価しない
正解は3です。

1.脱水になると、全身への循環血液量が少なくなり、頻脈や血圧低下を引き起こすことがあります。

2.老人性難聴では、おもに高音域において聴力が低下します。補聴器である程度は改善できますが、高齢者と会話する際には高い声よりも低い声でゆっくりと話すほうが聞き取りやすいと言われています。

3.全身の代謝を維持する甲状腺ホルモンの分泌が減少する、甲状腺機能低下症。活動性が低下することでムコ多糖類という物質が皮下にたまり、顔や手足に浮腫を生じます。
ほかにも甲状腺機能低下症は、全身の倦怠感や眠気、記憶力の低下などを引き起こします。

4.別名・床ずれとも呼ばれる褥瘡は、寝たきりなどの状態で皮膚の血流が滞ってしまうことで生じるキズやできもののことです。低栄養状態が続くことで褥瘡を引き起こしたり、治りが悪くなったりすると言われています。

5.味覚障害は、亜鉛の不足によって生じます。葉酸の不足は、貧血の原因になると言われています。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。