過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

精神保健福祉士の過去問「第33674問」を出題

問題

[ 設定等 ]
医師法に規定された医師の業務に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
   1 .
時間外の診療治療の求めに対しては、診療を断る権利がある。
   2 .
医師の名称は独占ではないが、医師の業務は独占である。
   3 .
処方せんの交付は薬剤師に委任できない。
   4 .
診療録の記載は義務となるが、その保存は義務とはならない。
   5 .
患者の保健指導は義務とはならない。
( 第20回(平成29年度) 精神保健福祉士国家試験 保健医療サービス )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
6
評価しない
正解は3になります。
処方箋の交付義務は医師にあるため、薬剤師に委任することはできません。

1 時間外の診療について、医師法19条に「診療に従事する医師は、診察治療の求めがあった場合には、正当な事由がなければ、これを拒んではならない。」という規定があります。

2 医師は業務独占でもあり、名称独占でもあります。

4 診療録の記載は義務であり、その保存も5年間と定められています。

5 患者の保健指導に関して、「医師は、医療及び保健指導を掌ることによって公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もつて国民の健康な生活を確保するものとする。(医師法第1条)」と定められています。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない

×1 . 時間外の診療治療の求めに対しては、正当な理由がなければ、診療を断ることは出来ないと医師法にあります。

×2 . 医師の資格は、名称独占でかつ業務独占です。

〇3 . 処方せんの交付は薬剤師に委任することができません。

×4 . 診療録の記載は義務であり、法に定められた一定期間保存の義務があります。

×5 . 患者の保健指導をすることも医師の義務です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。