過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

精神保健福祉士の過去問「第33690問」を出題

問題

[ 設定等 ]
次のうち、洞察的精神療法として、正しいものを1つ選びなさい。
   1 .
芸術療法
   2 .
行動療法
   3 .
箱庭療法
   4 .
自律訓練法
   5 .
精神分析療法
( 第20回(平成29年度) 精神保健福祉士国家試験 精神疾患とその治療 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
16
評価しない
正解は5です。

1.芸術療法は、表現的精神療法です。

2.行動療法は、訓練的療法です。

3.箱庭療法は、表現的精神療法です。

4.自律訓練法は、訓練的療法です。

5.精神分析療法は、洞察的精神療法です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
11
評価しない
×1 . 芸術療法は、言葉で表現できないクライエントの思いや世界を絵画や音楽などアートに表現することで、問題解決や昇華、自己実現などの方向に道を開く治療法です。

×2 . 行動療法は、人間の行動を観察し、良い行動を強化して適応的でない行動を減らしていく療法です。自分自身などについての洞察を深めるものではありません。

×3 . 箱庭療法は、砂箱の中に砂やフィギュアなどを配置し、自由に表現することによって、言葉や意識の中で理解できない内面の葛藤を超えたり、自己実現の方向を見出したりする療法です。言葉で洞察を深めていくものではありません。

×4 . 自律訓練法は、「右手が温かい」などの簡単な自己暗示の様式によって、自律神経の安定を図り、不安などの気持ちを安定させていくものです。洞察を深めていくものではありません。

〇5 . 精神分析療法は、自由連想による言語による治療です。過去の親子関係や人間関係などに起因する現在の葛藤や神経症などの原因を洞察していきます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。